• お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ
  • 「越後姫」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

江戸時代から160年以上続く、餅菓子の超老舗!越後ならではの名品揃いです!

市川屋 新潟古町にひっそりと構える店舗。知る人ぞ知る名店の趣。

日本一の米どころ新潟の老舗餅菓子店!

市川屋初代・吉蔵は、江戸の生まれ。新潟の市川家に婿に入った後、「江戸で食べなれた串団子を、良質な新潟のお米で作れば、もっとおいしい団子ができるだろう」、と始めたお店が、現在まで160年以上も続く、餅菓子の老舗「市川屋」。和菓子店としては、県内最古参と言われている。

新潟県内産のもち米(こがねもち)を青森ひばの香り高いセイロで蒸し上げ、一臼一臼、職人の目で確かめながら仕上げられた杵つき餅は、きめ細かく、コシが明らかに違う。焼くのはもちろん、煮た時にも崩れにくく、しっかりした食べごたえがある。もち米の旨みが感じられる、まさに越後ならではの逸品。もちろん大福にもこの「お餅」を使っているため、しっかりしたコシとモチモチ感、餅自体の旨みを感じられる。

新潟みやげの定番・笹団子にも
老舗のこだわりあり。

新潟で古くから伝わる、「笹団子」。元々はそれぞれの家庭の味として伝えられていたもので、お店で販売されるような物ではなかったそうだ。新潟みやげの定番として定着したのは、昭和39年の新潟国体以降。以来、それぞれの店舗で、それぞれの味を追求してきた。
老舗・市川屋の笹団子にももちろんこだわりがある。新潟県産のコガネモチ、コシヒカリを石臼で挽いた粉を使う。モチモチの生地に、岩船産のヨモギをたっぷりとつきこむ。さっぱりした甘さに仕立てた北海道産小豆100%の餡を使う。青森ひばの香り高い特注セイロで蒸しあげる。手間を惜しまず、素材にこだわり、余計な物は入れない。保存料はもちろん、笹離れをよくするためにしばしば利用される脂も一切使用しないのが、老舗・市川屋のこだわりである。

地元・新潟の人に選ばれる本物の味

市川屋ではこれまで宣伝・広告を一切行っていないと言う。駅前に大きな店を構えているわけでも、店頭に大きく目立つ看板がある訳でも無い。また、手作業による製法のために大量生産が難しく、百貨店や土産物屋にも卸さず、お客様への直接販売のみでこれまで営業を行なってきた。そのため、県内最古参と言われていながら、県外の方にはあまり知られていないかもしれない。根強い地元ファンに支えられてきたのだという。近年では、クール・冷凍便などの普及により、地元の方々が贈り物などで利用するようになり、その味を知った県外客がリピーターになるなどの波及をしている。評判が評判を呼び、全国紙やメディアでの取材も後を絶たない。広告・宣伝に頼らず、「味」で選ばれてきた、まさに知る人ぞ知る「名店」である。

  • 餅屋さんの「杵」と「臼」。新潟県産コガネモチ100%の餅は、キメ・コシがまったく違います。 餅屋さんの「杵」と「臼」。新潟県産コガネモチ100%の餅は、キメ・コシがまったく違います。
  • 7代目社長の市川匡さん。一つ一つ手作業にこだわり、伝統の味を守っています。 7代目社長の市川匡さん。一つ一つ手作業にこだわり、伝統の味を守っています。
  • せいろは、香り高い「青森ひば」で作った特注品。まさに老舗のこだわり。 せいろは、香り高い「青森ひば」で作った特注品。まさに老舗のこだわり。
  • つやつやのきめ細かいお餅。まさにモチ肌。 つやつやのきめ細かいお餅。まさにモチ肌。
  • 新潟名物・笹だんご。モチモチの生地を手作業で笹に包みます。 新潟名物・笹だんご。モチモチの生地を手作業で笹に包みます。
  • 愛らしいフォルムで、お土産に喜ばれる大定番。 愛らしいフォルムで、お土産に喜ばれる大定番。
  • 全国紙でも掲載履歴多数!味で勝負し、口コミで広がっている。 全国紙でも掲載履歴多数!味で勝負し、口コミで広がっている。

生産者紹介

7代目社長:市川匡
7代目社長市川匡

いちかわただし。1953年生まれ。江戸の時代から160余年続く餅菓子店「市川屋」7代目。大学卒業後、東京で食品メーカーの営業マンとして勤務していた経歴を持つ。サラリーマン時代を経て、家業を継ぎ、この道30年以上。新潟の老舗店舗の味・伝統を守り続ける上で、新潟県産の素材に対するこだわりがある。冷夏の年など、新潟でもち米が不作の年もあった。それでも、毎年年末には市川屋のお餅を食べることを楽しみにしているお客様に、「変わらない味」を提供する為に、新潟県産の「コガネモチ」をかき集めた。その素材選びと、手仕事に一切の手抜きはない。

「餅菓子は素材の味がしっかり味わえる。良い素材を使って、丁寧に作らないと、味に出てしまう。」老舗店舗の伝統を受け継ぐ7代目として、昔から利用するお客様に「変わらない味」を提供する為の努力を今も続けている。

店舗詳細

店舗名称 市川屋
住所 新潟県新潟市中央区東堀通5-429
アクセス
営業時間 AM8:30~PM6:00
定休日 日曜