新潟直送計画からのお知らせ

「新潟直送マルシェ」開催のお知らせ

ササニシキササニシキ

宮城県の試験場で「ハツニシキ」と「ササシグレ」を掛け合わせて誕生した品種「ササニシキ」。9月中旬に収穫時期を迎えます。1990年には作付け面積がコシヒカリに継ぐ第2位だったこともありますが、栽培が難しいことから農家が次第に減少し、今では希少なお米となりました。コシヒカリに比べるとアミロースの含有量が多く、粘りの少ないパラパラとほぐれる食感が特徴で、なによりあっさりとした食味が「毎日食べても飽きない」「和食によく合う」と根強い人気を誇ります。

高島農場こだわりのアイガモ農法によって、農薬や化学肥料を使わずに育てた安心安全のササニシキです。糖分が少なくあっさりとした味わいのため、お寿司や魚料理によく合います。

肥料や農薬を一切使わない「自然栽培」で育てたササニシキです。栽培量の少ない品種ながら根強い人気があります。粘りが少なく、炊き立てでもほぐれやすいパラパラ感は、酢飯やチャーハンにもってこい!