「29年度新米」のページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ

新潟直送計画からのお知らせ

【2019年11月】臨時休業について

新潟市で、米やじゃがいもを中心に取り扱うけんちゃん農場。無肥料・無農薬で行う完全自然栽培を行い、「子どもに食べさせたい」と思える安全な作物を栽培する。

けんちゃん農場 夫婦で取り組む、安全で安心な自然栽培

国内でも数少ない自然栽培に取り組む「けんちゃん農場」

新潟市で10代に渡り米農家を続ける「けんちゃん農場」は、代表の齋藤憲一さんと、妻の陽子さんが夫婦で営んでいる。新潟市秋葉区に水田を所有し、一般的な慣行栽培と合わせて、国内でも数少ない「自然栽培」にも取り組む。自然栽培とは、肥料や農薬を全く使わずに、自生に近い環境下で農作物を育てる方法のことだ。慣行栽培では、苗が雑草に負けないよう、田植え後に除草剤を撒く。一方の自然栽培では、稲が根を張るまで、『人の手』で根気よく除草を行う。多くの手間を要するが、自然の力・稲の成長力を最大限に引き出す上では欠かせない。また、あぜの除草においても、薬剤に頼ることはしないばかりか、短く刈り切る事もしない。それは、水田に元々いる虫や蛙を生かすためで、それによって、水田の生き物が防虫の役割を担ってくれるからでもあるという。肥料や農薬に頼らなくとも、自然の力を生かすことによって、作物を育てられることを実感した齋藤さんは、米だけでなく、他の作物でも自然栽培を実践し始めている。

薬を使っていない安全な作物を食べるため

元々農業に興味を持っていた陽子さん。結婚を機に農作業ができることを楽しみに思っていたという。しかし、実際に従事し始めると、農薬を使うことに対して違和感を感じるようになり、なるべくなら使わずに育てたいと考えるようになった。更に、子どもが生まれてからは、「健康な体にしてあげたい。そのためには、体により良い物を作って、たくさん食べさせてあげなければ」と、安全な作物に対しての想いが増していったそうだ。出来る範囲で農薬の削減に取り組んでいた最中、あるイベントの出店で肥料も農薬も使用せずに育てた「自然栽培」産の商品が並んでいたのを発見。思わず店主に「やってみたいんです」と伝えると、「じゃあ教えてあげるよ」と話が進み、すぐに取り組みを始める事が出来た。まずは、所有する水田の一部からスタート。不慣れな作業もあり、試行錯誤しながらではあったが、薬剤に頼らない栽培はとても気持ちが良く、清々しい気分になったという。肥料や農薬、除草剤を使わないため、環境にも体にも優しい。「自分自身には、この栽培方法が合っている」と、陽子さんは確信した。20a(アール)から始めた作付け面積も今や130a。有機JAS認定にも申請し、けんちゃん農場は自然栽培を行う農家として着々と歩みを進めている。

  • けんちゃん農場
  • けんちゃん農場
  • けんちゃん農場
  • けんちゃん農場

生産者紹介

代表:齋藤憲一
代表齋藤憲一

新潟市出身。元々は車修理のエンジニアをしながら、家業である農業を手伝っていたが、先代が亡くなったことをきっかけに専業農家へ転向した。妻の陽子さんと手を取り合って取り組んでいるのが、無肥料・無農薬の「自然栽培」。これは、一般的な慣行栽培と比べて手間がかかる上、面積当たりの収量も多くはないものの、「自然栽培を始めてからは、田んぼに虫や蛙の姿が多く見られるようになり、安全性を肌で感じ取れて嬉しい」と語る。やっただけのことが作物の味わいや田畑の様子に表れていく様子から、自然と共生しながらの栽培にやりがいと楽しさを感じるという。また、自然栽培産の作物は全国的にも珍しく、栽培量が少ないことから「高級品」としても扱われる中、「収量を増やしていくことで、『気軽に食べられる』ように提供していきたい」というのが今後の目標となっている。

店舗詳細

店舗名称 けんちゃん農場
住所 新潟県新潟市中央区長潟946
アクセス