新潟直送計画からのお知らせ

ヤマト運輸の置き配サービス開始に関するお知らせ(5月23日)

新潟市西蒲区岩室地区にある観光ブルーベリー園。約30種類以上の個性豊かな品種を栽培している。シーズンになると、ブルーベリー摘み体験に多くの観光客が訪れる。

亭蔵ブルーベリー 多宝山を望む絶好のロケーション

代々続く米農家がはじめた観光ブルーベリー園

亭蔵ブルーベリーは、新潟市西蒲区の観光ブルーベリー園。ブルーベリーの栽培地は、県内有数の温泉地として知られる岩室地区だ。収穫シーズンにはブルーベリー摘み体験を実施し、多くの観光客が訪れるという。そんな亭蔵ブルーベリーは、代々続く米農家。栽培担当の草野孝史さんは、「実家は150年以上続く米農家です。私が就農するタイミングで、米のほかにも何か作物を育てられれば面白いと思って、ブルーベリーの栽培をはじめました」と語る。現在は、約30種類以上の個性豊かな品種を栽培している。収穫時期がそれぞれ微妙にずれているため、時期によってさまざまな味わいのブルーベリーを楽しむことができるという。「ブルーベリーは、品種によって粒の大きさ・果肉のやわらかさ・甘みや酸味のバランスがちょっとずつ違います。時期によってさまざまな品種を楽しめるので、ワンシーズンで3回も来るお客さんもいらっしゃいますよ」と、草野さんはうれしそうに笑う。

新潟の気候に合わせたブルーベリー栽培

草野さんがブルーベリー栽培に興味を持ったきっかけは、愛知県岡崎市の観光ブルーベリー園との出合い。新たに挑戦する農産物を考えているときに、たまたま摘み取り体験を行っている同農園を知ったそうだ。「お客さんに足を運んでもらえる『観光果樹園』という形態がいいなと思ったんです。実際に岡崎市まで足を運び、栽培方法について学びました」と、草野さん。しかし、すぐに思うようにはいかず、樹が霜や病気にやられてしまったという。そこで草野さんは、学んだことを活かしながら新潟の気候に合わせた栽培方法を模索。「私たちは、鉢植えしたブルーベリーに養液を与えて栽培しています。新潟の気候に合わせて溶液の量を調整したり、少しでも日当たりが良くなるように剪定を工夫したりしましたね」と、これまでの苦労を語る。努力の末に実ったブルーベリーは、「大粒でとっても甘い!」「ほのかな酸味と甘みのバランスが絶妙!」と、多くの人から評判だ。

  • 亭蔵ブルーベリー
  • 亭蔵ブルーベリー
  • 亭蔵ブルーベリー
  • 亭蔵ブルーベリー

生産者紹介

栽培担当:草野孝史
栽培担当草野孝史

新潟市西蒲区岩室地区出身。大学進学を機に上京し、そのまま東京で就職。2019年、代々続く米農家である実家に戻って就農。米のほかブルーベリーの栽培を行っている。「自分が農業をするなら、米のほかにも何か作物を育てられれば面白いと思っていたんです」と、草野さんは笑う。現在は、観光ブルーベリー園「亭蔵ブルーベリー」を運営。収穫シーズンには、ブルーベリー摘み体験を実施している。「亭蔵ブルーベリーが、岩室地区の観光スポットになったらいいなと思っています。たくさんの人に足を運んでいただき、地元を盛り上げていけたらうれしいです」と、期待を胸にする。

店舗詳細

店舗名称 亭蔵ブルーベリー
住所 新潟県新潟市西蒲区栄336