• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

新潟タレカツ丼発祥の店「とんかつ太郎」。昭和初期の創業以来、新潟県民に愛され続ける伝統の味は一度食べたら病みつき間違いなし!

とんかつ太郎 新潟タレカツ丼発祥のお店

新潟タレカツ丼発祥店「とんかつ太郎」

新潟県民が愛して止まないソフルフード「タレカツ丼」とは、トンカツを醤油ベースのタレにくぐらせてご飯にのせたカツ丼のこと。卵でとじず、キャベツを敷かないシンプルなスタイルが新潟では定番だ。タレカツ丼の発祥は昭和初期に遡る。当時、新潟市の中心部には堀が巡らされ、堀の縁には様々な屋台が並んでいた。「とんかつ太郎」は、そんな屋台店のひとつ。初代店主の小松道太郎氏は、モダンだったカツレツを大胆にも醤油ダレにくぐらせご飯にのせて提供。このオリジナル料理がお客さんに好評で次第に口コミで広がり、後に「タレカツ丼」と命名されて新潟県内に定着した。とんかつ太郎で修業した料理人が独立して店舗をオープンするなど、現在では新潟名物として数多くの店舗から個性の光るタレカツ丼が提供されている。しかし、その中でも昔から変わらないとんかつ太郎の味は根強い人気を誇り、店内は地元民のリピーターや県外からの観光客などでいつも満席。店外にも行列ができる有名店だ。

元祖タレカツ丼のこだわり

とんかつ太郎のタレカツ丼の特徴は、薄切りのトンカツと甘辛い秘伝の醤油ダレである。トンカツはジューシーな肉の旨みとサクッとした食感を楽しめるように、柔らかくなるまで念入りに叩いた薄切りの豚肉ときめ細かいパン粉を使用。細かいパン粉は油の吸収率が低いため、油っぽくならずにサクッとした食感が楽しめる。また、トンカツの美味しさをより引き立てるのが、揚げ油のラード(豚脂)である。ラードによって肉の旨味と香りが引き立ち、カラリと揚がるのでタレにくぐらさせてもサクサク食感が残るのだ。そして、味の決め手となるのが創業当初から継ぎ足しで作る秘伝の醤油ダレ。同じレシピで一から作ろうとしても再現するのは難しく、他の店舗では決して真似出来ない奥深さが感じられる。甘すぎず、バランスの良い絶妙な味加減のタレはトンカツと相性抜群。揚げたてのトンカツをたっぷりのタレにくぐらせた後は、炊きたてのご飯に贅沢に盛り付ける。その味は意外にもあっさりとしているので、女性でもぺろりと完食する人が多い。お好みで和辛子をつけてアレンジを楽しむのも良し。長年愛される元祖の味は人々を魅了して止まない。

  • シンプルながらも奥深い元祖タレカツ丼 シンプルながらも奥深い元祖タレカツ丼
  • 肉の旨みがジューシーな薄切りのトンカツ 肉の旨みがジューシーな薄切りのトンカツ
  • こだわりのきめ細かいパン粉 こだわりのきめ細かいパン粉
  • ラードでカラリと揚げる ラードでカラリと揚げる
  • 継ぎ足しで作る秘伝のタレ 継ぎ足しで作る秘伝のタレ
  • 新潟市中央区古町の本店の様子 新潟市中央区古町の本店の様子

生産者紹介

3代目店主:小松寿雄
3代目店主小松寿雄
新潟市出身。高校卒業後は、祖父と父の背中を追いかけ料理の道に進む。その後、39歳の時に「とんかつ太郎」の3代目に就任。代々続く伝統の味を守りながら、時代の流れに合わせて絶妙な濃さに味を調節したり、より質の良い原材料を追求したりと日々研究を続けている。2009年には、店舗の味を全国に届けるために家庭で簡単に再現できる「タレカツ丼セット」を監修。自慢のタレカツ丼を通して新潟を盛り上げていく。

店舗詳細

店舗名称 とんかつ太郎
住所 新潟県新潟市中央区古町通6番町973
アクセス
営業時間 AM11:30~PM2:30、PM5:00~PM8:00
定休日 第3水曜日の夜・木曜日