新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」5月のプレゼント

うどうど

「うど」とは、ウコギ科タラノキ属の多年草です。食べられるのは、土から顔を出したばかりの新芽や、ある程度成長したものの茎や若葉の部分です。新潟県では、例年4月下旬から5月下旬に旬を迎えます。山に自生する天然山ウドは苦味が強く、栽培されたウドは、ややまろやかな味わいが特徴。穂先から茎、そして皮まで余すところなく食べることができます。柔らかい穂先は定番の天ぷらに。シャキシャキとした茎は酢味噌和えやパスタにも。皮はきんぴらにするのがおすすめです。年中出回る栽培物もありますが、味の濃い天然物はやはり一味違う春の味です。

雪の下で旨みを増した天然山菜「ウド」を産地直送でお届け!地採りだから味わえるシャキシャキ食感と豊かな香りをお楽しみください。葉は天ぷら、茎は酢味噌和えなどお好みの調理方法でどうぞ♪

雪深い上越市牧区で取れた山菜は、冬の間にたっぷりと栄養を蓄え、質が高いのが特長です。割烹新柳の料理長が、それぞれの山菜の味・風味を生かして炊き上げました。いつでも春の味が楽しめますよ。

上越市牧区の「割烹新柳」自慢の鯉料理と山菜うま煮をセットにしました。自然豊かな山の恵みを受けた鯉と山菜。板前がそれぞれの素材の持ち味を生かして調理しました。ぜひご家庭でお楽しみください。