新潟直送計画からのお知らせ

2021年度7月の連休期間の営業スケジュールについて

新潟市南区白根地区で、「循環型農業」に取り組む「小林農場」。米や園芸品の栽培、「白根ポーク」の養豚を行いながら、有機資源を活かした農産物を作っている。

小林農場 人にも環境にもやさしい「循環型農業」を実践

「持続可能な農業」を実践する専業農家

小林農場は、新潟市南区白根地区の専業農家。米や園芸品の栽培から養豚業まで幅広く行っている。近年、「SDGs(持続可能な開発目標)」という言葉をよく耳にするようになったが、小林農場では約40年以上前から「循環型農業」に取り組んでいる。「循環型農業」とは、有機資源を循環させながら農産物を生産する「持続可能な農業」のこと。有機資源を使うことで、農薬や化学肥料を抑えて自然に寄り添った農業ができるという。小林農場では、飼育している豚の糞で堆肥を作り、その堆肥を使って農作物を育てている。さらに、飼料用米や藁のほか、廃棄してしまう野菜も豚の飼料として有効活用。こうして、有機資源を循環させながらムダを無くした「循環型農業」を実践している。

「循環型農業」を始めたきっかけ

小林農場が「循環型農業」を本格的に始めたのは、現代表・小林勝さんが就農したタイミングだった。「あるとき読んだ『複合汚染』という小説に衝撃を受けました。農薬や化学肥料が、いかに人間に害をもたらすものなのか。自分の農業について見つめ直すきっかけになりました」と小林さん。「安心して食べられる農作物を作りたい」「環境にやさしい農業がしたい」という思いから、今の農業スタイルに行きついた。また、「循環型農業」は、食の安全や環境保全だけでなく「美味しさ」にもつながっている。小林さんによると、肥料の三要素となる「窒素・リン酸・カリウム」のほかにも、農作物に良い作用をもたらす微量要素が自然界にはあるという。自然界のもので作った有機質肥料を使用することで、化学肥料では補えないような要素が与えられ、美味しい農作物が育つのだそう。

親子2代で楽しみながら農業する

2020年から娘の美紗子さんが加わり、現在は親子2代でさらなる挑戦を行っている小林農場。最近はインターネット販売を開始した。農作物の特徴やレシピを記載した手作りのリーフレットを同梱している。さらに、父の日をテーマにした「父の日セット」を企画したり、SNSで野菜の活用法を紹介したり、こうした販促活動は美紗子さんが担当。また、雪下にんじん・トマト・キュウリ・トウモロコシなどの野菜を生産する中、「ハート形のキュウリ」といった遊び心のある野菜も生産。「自らが楽しみながら農業をやっていきたい。日々新しい挑戦の連続です」と楽しそうに語り合う親子の姿が印象的だった。

  • 小林農場
  • 小林農場
  • 小林農場
  • 小林農場

生産者紹介

2代目:小林美紗子
2代目小林美紗子

新潟市南区出身。「小林農場」代表・小林勝さんの娘。いずれ家業の農業を継ぐことを考えていたという美紗子さん。新潟薬科大学に入学後、食について勉強する。卒業後は県内の企業に就職したのち、実家に戻り家業を継ぐことを決意。「まずは技術面を覚えたいですね。ネット販売にも力を入れていきたい」と話す。インターネットで農作物を購入した人には、できるだけ手書きのメッセージを同梱し、感謝の気持ちを伝えているという。農作業もあるなかで大変な作業だろうが、「やっぱり手書きってうれしいじゃないですか」と美紗子さんは笑う。

店舗詳細

店舗名称 小林農場
住所 新潟県新潟市南区堀掛1573