新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」12月のプレゼント

新潟県を代表する「村上牛」や「にいがた和牛」を中心に、国産和牛や各種銘柄牛を加工販売。最新鋭の衛生設備と環境を整え、美味しい牛肉を安心安全にお届けします。

よね一(よねいち) 徹底した衛生環境で和牛や各種銘柄牛を加工販売

専用工場で和牛を加工

昭和初期に創業した、株式会社よね一。創業当初は、牛肉を一頭買いして販売する精肉店だった。現社長の代になり、和牛の輸出など、多方面に事業を拡大。新潟県を代表するブランド和牛の「村上牛」や「にいがた和牛」、国産の和牛や銘柄牛を販売している。特に村上牛は、二度の品質日本一に輝く以前から販売するなど、他社に先駆けて取り扱い。2006年11月には、当時最新鋭の衛生技術を備えた新本社工場を新設し、近年では広く知られるようになった食の安心・安全をいち早く徹底している。例えば、工場内と配送用トラックの荷台を直結させ、一度も外気に触れることなく、温度管理が徹底された状態で出荷できるよう工夫。「美味しい中にちょっぴりの贅沢」をテーマに、和牛や牛肉をより身近に味わってもらえるよう邁進している。

専門店ならではの視点で牛肉をより身近に

これまでは牛肉の卸売を専門にしていたよね一。牛肉は、鶏肉や豚肉などに比べると高価なため、特別な日に食べるものという位置づけがされてしまいがち。そこで、ここ数年は黒毛和牛を中心とした国産の牛肉を使用した加工品の製造販売をスタートさせている。現在取り扱っているのは、牛スジカレー・ビーフシチュー・国産牛の生ハム・国産牛肉のもつ煮など。牛肉をふんだんに使ったよね一の牛肉加工品は、牛肉専門店ならではの食べごたえ満点の美味しさ。今後は、加工品の専用工場をつくることも視野に入れ、さらに多くの方に商品を届け、日常的に牛肉を食べてもらえるよう注力していくという。

  • よね一(よねいち)
  • よね一(よねいち)
  • よね一(よねいち)
  • よね一(よねいち)

生産者紹介

代表:八木信一
代表八木信一

新潟市出身。よね一の三代目として生まれ、学生時代から家業を手伝う。大学卒業後、食肉関係の会社にて経験を積み、その後よね一に入社した。1997年に先代が急逝、35歳で社長として跡を継ぐこととなった。新潟県に拠点を置くが、東北を中心に行き来。競り等で仕入れを行ってきたことで長年の間に培った目利きで確かな品質の牛肉を厳選。また、牛肉そのものを販売するだけではなく、時間をかけずに食卓に並べられ、すぐに食べられる商品も必要だとの考えから、仕入だけではなく、販路拡大や新商品の開発も最前線に立って行っている。

店舗詳細

店舗名称 よね一(よねいち)
住所 新潟県新潟市西区的場流通1-3-11
アクセス