新潟直送計画からのお知らせ

重要:土曜定休化および営業時間変更のお知らせ

「新潟燕の金属加工」×「富山高岡の着色」。2つの地域の伝統を融合させる、ファブレスメーカーの合同会社アルチザン。いままでにない魅力ある製品を生み出す。

合同会社アルチザン 代表自ら心奪われた技術を製品にして表現する

高品質に職人の心配りをプラスした製品を手掛ける

合同会社アルチザンは、燕市の高品質な洋食器と、富山県高岡市の奥深い着色技術を掛け合わせた商品を取り扱うファブレスメーカー(生産設備を持たないメーカー)。燕市の洋食器メーカーに務めてその「製品の良さ」を実感し、「着色」の美しさに魅了された代表の長澤さんが設立した会社だ。燕市は、「燕三条」の名前でも全国に知られる「ものづくりの町」。主にステンレスの取り扱いに長けた金属加工会社・洋食器メーカーが軒を連ね、世界に誇れる良品を日々製造している。燕製の商品は、ステンレス特有の「錆びにくい」「割れにくい」といった特徴のほかに、「使いやすい」という特長も兼ね備えている。例えば、カップ・スプーンのグリップ感の良さや、二重タンブラーは熱いものを注いでも熱さを感じないなどだ。このちょっとした気づかいを製品の設計に盛り込むのは実はとても難しく、燕三条の職人が使う人のことを考えた製品づくりに真摯に向き合っている証拠でもある。

代表の長澤さんが心奪われた奥深い「着色」

合同会社アルチザンの手掛ける製品は、「富山県高岡市の着色工房」がその技術の粋を掛け合わせることで完成する。その色味は決して光輝くようなものではないが、その「複雑さ」や「奥深さ」はなんとも不思議な「華やかさ」を秘めている。前述の着色工房「有限会社モメンタムファクトリー・Orii」は、もともと大仏や仏具の着色を主な業務としていたという。しかし、その業界自体が縮小していく中、この着色技術を活かした製品づくりや塗装業務を行う事業へと転向。高級ホテルの壁面やインテリアの装飾のほか、テーブルやお皿、各種小物に至るまでを手掛けている。その技術力は確かなもので、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨をする公益財団法人日本デザイン振興会主催の「グッドデザイン賞」を獲得している。

  • 合同会社アルチザン
  • 合同会社アルチザン
  • 合同会社アルチザン
  • 合同会社アルチザン

生産者紹介

代表社員:長澤政幸
代表社員長澤政幸

燕市出身。高校を卒業後、地元にある「日本金属洋食器工業組合」の職員として勤務。ドイツからのステンレス材料の輸入業務に10年ほど携わる。当時、組合の副理事長を務めていた、洋食器メーカーの社長から仕事ぶりを買われ、営業マンとして転職。23年ほど勤務するうちに、「着色技術」に出会う。最初は雑誌かテレビでチラッと観ただけだったというが、その色の複雑さ・奥深さに心惹かれ、それが頭からずっと離れなかったという。「燕市の高品質な食器に着色技術が合わされば、どれだけ素晴らしい商品ができるのだろう」と考えていた長澤さん。ついには、仕事のツテで富山県高岡市にある着色会社を紹介してもらい、それをきっかけに独立して合同会社アルチザンを設立するに至ったのだ。

店舗詳細

店舗名称 合同会社アルチザン
住所 新潟県燕市灰方417-5
アクセス
定休日 土・日・祝