TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2018年度夏季長期休業期間について

従来品種のコシヒカリや、きのこなどを栽培する反町敏彦さん。「食」の安全・安心にこだわり、無農薬・無化学肥料で育てた農作物を全国に届ける。

大地創造職人 反町敏彦 手間暇を惜しまず、安全と安心を届ける

越後長岡で安心安全を育てる大地創造職人

新潟県の中部に位置する、豊かな自然に囲まれた長岡地域。農園の代表を務める反町さんは「食」の安心安全を求める全国の方々に、無農薬・無化学肥料で育てた越後長岡産コシヒカリを届けている。反町さんの食の安全に対するこだわりは強く、化学肥料に頼らず自然微生物農法を用い、より自然に近い農法で栽培を行う。自然微生物農法とは、自然界に昔からいるバクテリアなどの微生物の働きによって土壌改良し、稲の生命力を最大限に発揮させ、お米をより美味しく育てる農法である。この農法を行うことで、残留農薬が基準値以下になるだけでなく、食味が格段に上がるのだという。美味しい食物はいい大地から。毎日食べるものだからこそ、真面目に丁寧に向き合っている。

きのこ作りで新たな長岡名物を

反町さんは、お米以外でも、きのこや、野菜などの栽培も行っている。きのこの種類は、しいたけ、きくらげ、なめこの三種類。米農家をしていて忙しくなるのは春から秋だが、冬にも何か作りたいという理由できのこに挑戦。きのこの生産についても、菌床栽培で、こだわりである無農薬な安心安全のきのこを生産している。大きくて肉厚なきのこは人間にも良い効果が期待されている水素水を浴びて育つ。水素水は摂取することで、アンチエイジングや悪玉活性酸素の除去の効果が期待されており、そんな水素水を浴びることで気持ちよく育ってほしいのだと言う。採りたてで直送する新鮮なきのこは、反町さんの愛情をたっぷりを受けて育ち、新たな長岡名物になっていくであろう。

夫婦二人三脚でこれからも

反町さんは奥様とパート職員数名とで農業を営んでいる。明るい奥様が職場を盛り上げ、楽しく仕事ができていると言う。そんな良い環境があるからこそ、良い農作物ができあがるのだろうと反町さんは語る。2015年からは、自ら栽培した玄米を使って加工品が作れることに魅力を感じ、玄米珈琲の販売を開始。ノンカフェインで栄養満点な玄米珈琲はお子様や妊婦さんなど、どんな方にでも安心・安全に飲んでいただくことができる。とことん「安心・安全」にこだわり農業を営む反町さん。これからも夫婦二人三脚でどんな方でも安心して食べられる安全な農作物を全国へ提供していく。

  • 大地創造職人 反町敏彦
  • 大地創造職人 反町敏彦
  • 大地創造職人 反町敏彦
  • 大地創造職人 反町敏彦

生産者紹介

反町敏彦
反町敏彦

長岡市出身の反町敏彦さん。代々続く農家に生まれ、幼少期から家の手伝いをしていたため、自然と農業への興味を持った。地元の中学校を卒業後、農業を専攻する高等学校へと進学。その後は鉄工業の会社で働きながら、兼業で農業を営んだ。反町さんは、農業で一番難しいことは自然が相手だということだと感じており、そんな難しさの中で試行錯誤しながらも、食の安全にこだわっている。手間暇を惜しまず、こだわって育てているからこそ、食べてくださった方に美味しいと言っていただくのがなによりのやりがいになるのだと言う。反町さんは代々続く農家の4代目であり、代替わりをした時から積極的に生産量を増やしたり、販路を広げたりしている。これからも変化を恐れず、何事にもチャレンジしていきたいと楽しそうに語る。年齢に囚われず、やりたいことは健康なうちにやりたいと話す反町さんに期待が高まる。

店舗詳細

店舗名称 大地創造職人 反町敏彦
住所 新潟県長岡市黒津1832
アクセス