TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

【お詫び】メールサーバーの不具合のお知らせ

鮮やかな身の"紅鮭入り昆布巻"や脂ののった"ニシンの昆布巻"をはじめ、OEM製品の惣菜なども手がける「有限会社 宮崎商店」。食材、味、製造方法にこだわった日本の伝統料理"昆布巻"を通し、"和食の素晴らしさ"を全国に届けていく。

有限会社 宮崎商店 こだわりの昆布巻を全国へ

昭和39年創業の昆布巻メーカー

新潟市東区に食品製造工場を構える「有限会社宮崎商店」。日本の伝統食である昆布巻を中心に惣菜の製造・販売を事業として取り組む。創業前は新潟県中蒲原郡亀田(現:新潟市港南区)にて、昆布などを取り扱う小売業を営んでいた。しかし、時代が進む中でスーパーなどの小売店が増加し、経営が困難になっていったという。そこで、在庫が山ほどあった昆布を使用し、昆布巻の製造をスタート。元々は昆布を消費するための取り組みであったが、お客様から好評だったことで主な事業として発展した。宮崎商店が手作りする昆布巻は、魚臭くなく程よい柔らかさが特徴。下茹でからしっかりと味付けを行うため、魚の骨まで味が染み込んでいる。おせちにはもちろん、日々のおかずとしても人気だ。

新潟の特産「紅鮭昆布巻」

新潟では鮭漁が盛んなことから、鮭の身と骨を昆布で巻き、醤油と出汁をベースにじっくりと煮込んだ"鮭の昆布巻"が郷土料理として親しまれている。残ってしまうような骨の部分を昆布に巻くことで鮭の残渣を減らせる工夫にもなっている。宮崎商店が手作りする「紅鮭昆布巻」は、新潟で長年愛されるこだわりの逸品。原材料には、良質な夏採りの北海道歯舞産昆布を使用し、脂ののった鮭を骨まで贅沢に堪能できる。お互いの味を引き立てる絶妙な味付けに、リピーターも多い自慢の商品だ。

"食の安全"と"食の楽しさ"を追求

宮崎商店では、安心安全な商品を提供するために「加圧熱水殺菌装置」を導入している。これは、レトルトカレーなどの保存にも使用されており、包装された食品を蒸気や加圧熱水で殺菌することで常温・長期保管を可能にするというもの。この装置の導入により、食の安全性に訴求し、他社からの委託加工を行うOEM製品も手がけるようになった。こだわりの製造方法で作られる惣菜は、手間無くすぐに食べられるのが魅力。今後も忙しい主婦や働く人々の"食と健康"の一助となるように、昆布巻を始めとした様々な惣菜を提供していく。また、昆布巻を通して"和食の素晴らしさ"を子供達や多くの人々に伝えていきたいと2代目の宮崎さん語ってくれた。

  • 有限会社 宮崎商店
  • 有限会社 宮崎商店
  • 有限会社 宮崎商店
  • 有限会社 宮崎商店
  • 有限会社 宮崎商店
  • 有限会社 宮崎商店

生産者紹介

代表取締役:宮崎信一
代表取締役宮崎信一

新潟市江南区亀田出身。東京や大分で製造業の経験を経て、父にあたる宮崎清次が社長であった昆布巻メーカー「有限会社 宮崎商店」へと入社。その後、35歳で父の後を継ぎ、2代目へと就任する。丁寧な製造方法で作られる昆布巻は、魚の骨まで柔らかく、魚臭くないと評判を呼ぶ。創業からのこだわりである「食の安全」への取り組みをしていく中で、常温・長期保管を可能に出来る設備を導入。この設備を利用し、他社の食品加工に一助し、OEM製造も手がけるようになっていった。同業者が昆布巻の製造を辞めていく中、美味しい昆布巻を提供し、"和食の素晴らしさ"を子供達や若い人々に広めたいと語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 有限会社 宮崎商店
住所 新潟県新潟市東区津島屋7-52-1
アクセス