「29年度新米」のページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ

新潟直送計画からのお知らせ

【2019年11月】臨時休業について

長岡市小国町の豊かな自然の中で栽培した野菜を自社加工し、新鮮な美味しさを届ける「八石ヘルシーフード生産組合」。保存料を一切使用せず、安心安全にこだわった商品を提供する。

八石ヘルシーフード生産組合 自然と郷愁の残る長岡市小国町で身体に優しい製品を加工・販売

自然の恵みを受け安全安心な製品を届ける

豊かな水と緑に囲まれる長岡市小国町。冬の間は深い雪に覆われる昔ながらの風景が残る地域で、「米」と「八石なす」の栽培が盛んだ。八石ヘルシーフード生産組合では、地元小国町産の農産物の美味しさを全国に伝えるため、こがねもち米を100%使った「良ちゃんもち」や、山の清水で育った「コシヒカリ」、採れたての「八石なす」を新鮮なうちに漬け込んで製造する「漬物」などを製造。産地加工ならではの味わいで人気を集める。体に良い素材を選びと添加物を使わない製品作りを追求し、「美味しさ・安全・本物の味」を提供することにこだわる。

県内外のイベントに積極的に参加

八石ヘルシーフード生産組合が手掛ける漬物は地元新潟の酒蔵から取り寄せた酒粕で漬ける黄金漬の他、八石なすのあさ漬、みそ漬、からし漬など幅広い。自慢の漬物を多くの人に届けようと、県内外のイベントなどにも定期的に参加し、対面販売を行っている。試食したお客さんは、大抵購入してくれ、お取り寄せでリピーターになってくれる方も多いという。今では全国にファンを抱える人気店だ。

新潟県産の野草で健康茶の開発も

安心安全と健康を追求する八石ヘルシーフード生産組合では今後、新潟県に自生する野草「延命草」をお茶として加工し、健康茶として売り出す計画もある。昔から用いられてきた胃の健康を助ける薬草として期待されている「延命草」で、現代人の健康を支えたいと語る。

  • 八石ヘルシーフード生産組合
  • 八石ヘルシーフード生産組合
  • 八石ヘルシーフード生産組合
  • 八石ヘルシーフード生産組合
  • 八石ヘルシーフード生産組合
  • 八石ヘルシーフード生産組合

生産者紹介

代表:村山良一
代表村山良一

新潟県長岡市小国町生まれ。地元の学校を卒業後農協に勤めるも、42歳で独立。以前からの夢であった地元産の野菜を使った食品加工業を立ち上げた。旬の食材を使い、新鮮なうちに加工する。全て自社で賄うことで余計な添加物を使わず安全安心で身体に優しい製品作りにこだわっている。現在取り扱っている漬物・米・もち・笹団子などの他にも「健康・ヘルシー」をキーワードに取り扱い商品を拡大したいと話す。

店舗詳細

店舗名称 八石ヘルシーフード生産組合
住所 新潟県長岡市小国町小国沢2442-1
アクセス