新潟直送計画からのお知らせ

2022年度お歳暮配送受付開始のお知らせ

素材にこだわり、安心安全で美味しい「食」を届ける、万越屋(ばんえつや)。独自の技術でふっくらと焼き上げた、焼き魚や、かんずりを使用した明太子が人気。

万越屋 海産物の製造・加工を手掛ける「万越屋」

安心安全と「手軽に美味しい」を実現

「万越屋(ばんえつや)」は、新潟市東区の食品加工会社「株式会社ウエストフーズ」が展開する、海産物加工品の事業部。良質な素材を吟味して仕入れ、真心を込めて調理した加工品を届けている。商品づくりにおいて大切にしていることは、保存料や着色料、化学調味料をできる限り使用しないこと。地元産の調味料を使用して、素材の美味しさを引き出し、安心して口にできる商品を提供している。取り扱い商品は、銀鮭や銀鱈、赤魚、さわらなど、良質な魚を独自のタレに漬けこんだ「漬け魚」や、それらをふっくらと焼き上げた状態で販売する「焼き魚」など。「万越屋」では、うまみ成分を逃さずに、ふっくらと焼き上げるロースターを使用しており、食べる前にレンジで温めるだけで、手軽に「まるで焼きたて」のような美味しさを味わってもらえるという。一般的に焼き魚は「焼きたてが一番」と言われ、生の状態で販売して、自宅で焼くという商品が大半の中、一方で高まる調理済み商品のニーズをとらえ、「美味しく、手軽に」を両方叶える、積極的な商品開発を行っている。

新潟名物「かんずり」を使用した、明太子も人気

万越屋の看板商品の一つが、長年愛されてきた味「かんずり明太子」。新潟県妙高市の伝統的な発酵調味料「かんずり」を使用して味付けした、新潟ならではの明太子だ。唐辛子の辛みとゆずの爽やかな香り、奥深い旨みが味わえる。たらこのプチプチ食感も絶妙で、ほかほかご飯に乗せればそれだけでご馳走だ。生食はもちろん、加熱すると香ばしさが加わってさらに美味。自宅用はもとより、贈答用としても人気の、ロングセラー商品となっている。

  • 万越屋
  • 万越屋
  • 万越屋
  • 万越屋

生産者紹介

工場長:滝沢耕二
工場長滝沢耕二

新潟市出身。営業マンとして、商品知識や市場のニーズなどの知識を積み重ねた後、2017年から工場長として「万越屋」の海産物加工に携わり、商品開発や製造、工場の運営などを任されている。日々の仕事で心掛けていることは、美味しさの要となる、海産物の素材選び。何度もサンプルを仕入れて、加工と試食を繰り返し、本当に美味しい「食」を提供できるよう、目を光らせる。「自分が作ったものを、お客さんが買っていく様子を見るのが一番うれしい」と話す滝沢さん。真心を込めて作った商品を、毎日の食卓に届ける。

店舗詳細

店舗名称 万越屋
住所 新潟県新潟市東区船江町1-47-16