• 「越後姫」の商品ページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

「赤ちゃんのほっぺ」を筆頭に多くの人に愛されるお菓子を作る山川製菓。原材料へのこだわりと飽くなき探求心から生まれる絶品のお菓子を糸魚川から全国にお届け!

山川製菓 地域とともに歩んできた山川製菓

地元糸魚川で愛され続ける山川製菓

昭和33年に創業した山川製菓は冠婚葬祭で使用する生菓子や焼き菓子などを手掛け、町のお菓子屋さんとして地元の人々に親しまれてきた。2代目である和男さんが後を継いでからは洋菓子の製造にも力を注ぐようになる。ケーキやカステラなどの販売を開始し、現在では人気商品となっている。また、店頭販売だけでなく、糸魚川にある焼山温泉や笹倉温泉などの温泉まんじゅうを手作りしている。これからも地域との結びつきを大切にし、地域に愛されるお菓子作りを行っていく。

厳選素材で作る大人気商品「赤ちゃんのほっぺ」

糸魚川で知らない人はいないほど有名な山川製菓の「赤ちゃんのほっぺ」。餡と生クリームがぎっしり詰まった洋風大福はお年寄りから子どもまで皆に愛される自慢のお菓子だ。その美味しさから、県外から買いに来るお客様も多く、たくさんの人々を魅了している。
この「赤ちゃんのほっぺ」を作るきっかけは和男さんの修業時代にあるという。修業時代に食べたティラミスまんじゅうに衝撃を受け、餡を工夫することで和菓子と洋菓子の味わいが一度に楽しめることに驚きを覚えたと話す。この感動をもとに「赤ちゃんのほっぺ」を開発した。原材料に強いこだわりを持ち、餡の小豆とインゲン豆は北海道産のみを使用し、生地の材料となるもち粉には山川製菓特製のものを使用。味の種類も豊富に取り揃えており、幅広いニーズに応えている。今後も、地域で愛される絶品のお菓子を多くの人に届けていく。

  • 作業風景 作業風景
  • 北海道産小豆を使用して自家製餡を作る 北海道産小豆を使用して自家製餡を作る
  • 糸魚川を代表するお菓子「赤ちゃんのほっぺ」 糸魚川を代表するお菓子「赤ちゃんのほっぺ」
  • 見た目の可愛さから手土産やギフトにも大人気! 見た目の可愛さから手土産やギフトにも大人気!
  • ふんわり柔らかな食感が特徴 ふんわり柔らかな食感が特徴

生産者紹介

2代目:山川 和男
2代目山川 和男

新潟県糸魚川市出身。幼少期より先代である父親がお菓子作りに励む姿を見て育ってきた。高校卒業と同時にお菓子作りの勉強を始め、6年間ほど新潟市の有名菓子店で修業を行う。26歳の時に山川製菓に戻った後、ケーキやカステラなどの洋菓子を中心に作り、現在の看板商品である「赤ちゃんのほっぺ」を開発。職人として25年以上になる今でも探求心はつきず、新商品の開発や味の改良に力を入れている。お客様に「もう一度食べたい!」と思われる味を目指していると熱く語る。今後も美味しいお菓子をお客様に届けるため、真摯にお菓子作りを行っていくだろう。

店舗詳細

店舗名称 山川製菓
住所 新潟県糸魚川市新町253-甲
アクセス
営業時間 8:30~18:00
定休日 毎週火曜日・第3日曜日