• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度年末年始の営業スケジュールについて

食卓に笑顔が溢れる彩り豊かな野菜を届ける「ひだか農園」!新潟市西区の新規就農第一号の挑戦に注目が集まる。

ひだか農園 カラフル野菜で食卓を華やかに

食卓に笑顔を届ける野菜づくり

日本海に面する新潟市西区の五十嵐地区で農業を営む「ひだか農園」。園主の斎藤日高さんは、2014年に新規就農した若手農家だ。栽培しているのは、人参や大根、かぼちゃ、とうもろこし、キャベツなど約12品目の野菜。海岸沿いの水捌けの良い砂地という特性を活かし、有機質肥料などを使用した栽培を行っている。斎藤さんがこだわるのは、食卓が笑顔で溢れるような"見て楽しく、食べて美味しい野菜"を作ること。ひとつひとつの品種にこだわった自慢の野菜を通して、その先にある人々の幸せを演出する。

彩り豊かなカラフル人参

ひだか農園が栽培する野菜の中で最も注目を浴びているのが、「カラフル人参」だ。レッド・オレンジ・イエロー・パープル・ホワイトなどの色とりどりの人参は、食卓にプラスするだけでパッとテーブルが華やかになる。栽培には、食味を向上させるとされる魚カスなどの有機質肥料をふんだんに使用。数ある人参の品種の中から、食味が良いものを厳選しているという。新潟の寒さの中で育った人参は、特有の臭みが少なくフルーティーな味わいになるのが特徴だ。その色彩と美味しさに、食べた人は思わず笑顔になる。

挑戦はこれから!新潟から全国へ

農家に生まれた訳ではなく、農業に憧れて新規就農を果たした斎藤さん。今までは、地元のスーパーや直売所を中心に販売を行っていたが、今後はネット販売を通じて一生懸命育てたこだわりの野菜を全国へ届けていく。また、今までの農家のスタイルにとらわれず、色々なことにチャレンジしていきたいと語る。若き頃の斎藤さんの目に映ったものと同じように、イキイキと楽しそうに農作業を行う姿を見て、農業へ憧れを抱く若者も現れることだろう。新潟の農業を盛り上げる若手農家の新たな挑戦に注目が集まる。

  • ひだか農園
  • ひだか農園
  • ひだか農園
  • ひだか農園
  • ひだか農園
  • ひだか農園

生産者紹介

代表:斎藤日高
代表斎藤日高
新潟市出身。高校を卒業後は、東京農業大学へ進学。大学の部活動では、北海道の酪農や山形のさくらんぼ農家など全国各地で農業体験を行い、農家の方々と触れ合いながら農業の楽しさを知った斎藤さん。大学を卒業後は、市場の動向を学ぶために、主に関東圏で展開している高級スーパーマーケットに就職。四季を通しての売れ筋やトレンド情報など、幅広い知識を学んだ。そして、群馬や新潟での農業研修の後に、新潟市西区にて念願の新規就農を果たす。食卓に幸せを届けたいという思いから、ひとつひとつの品種にこだわり彩り豊かな人参や大根など少量多品種の栽培を手掛けている。斎藤さんにとって、農業とは「自己表現」だという。試行錯誤を繰り返しながらも、日々楽しくチャレンジを続ける若手農家に注目が集まる。

店舗詳細

店舗名称 ひだか農園
住所 新潟県新潟市西区五十嵐東2-4-27
アクセス