• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度年末年始の営業スケジュールについて

越後平野で「農」一筋300年!減農薬・減化学肥料栽培のコシヒカリは大手産直サイトでリピート注文率No.1の実績。桃・梨・洋梨の果樹も人気で、家族経営の小規模農園ながら注文多数!

五十嵐利兵衛農園 10代目の五十嵐洋さん(写真左)は米を、9代目の五十嵐利昭さん(写真右)は果樹を担当

300年以上の伝統を受け継ぐ

日本有数の穀倉地帯、越後平野で、米・桃・梨などを栽培している「五十嵐利兵衛農園」。旧・中之口村(現・新潟市西蒲区)に位置し、300年の歴史を持つ農園だ。9代目・五十嵐 利昭さんは、高校へ行きながら家業である農家を手伝い、かれこれ55年以上になる大ベテラン。昔から農作物を作ることが大好きだったと語るその表情がとてもにこやかなのが印象的だ。「やはり仕事は楽しくやらなければ、作物もおいしくならない。」と、いつも笑顔。作物の身になって、今どうして欲しいんだろう?と考えながら、丹精込めて栽培を行なっている。

味に感激!娘婿が異業種から農業へ

農家出身でもなく全く違う分野で会社員をしていた娘婿の10代目・五十嵐洋さん。以前は農業にほとんど興味はなかったが、利兵衛農園のお米・桃の味に衝撃を受け、徐々に興味が湧き、結婚を機に農業の道に飛び込み、最初は知識ゼロから今では米全般を任せられるほどに。五十嵐利兵衛農園の300年の伝統はこれからも受け継がれていく。

リピーター続出の「大粒」コシヒカリ

五十嵐利兵衛農園で栽培される作物の中でも、コシヒカリは自慢の一品。ふたを開けた時の豊潤な香り、ツヤツヤとした輝き、食べた時のじんわりと広がる甘み、どれを取っても一級品だが、なんといってもその特徴は「粒の大きさ」にある。籾摺り後の選別時に使われる網目も、通常使用される1.85mmではなく、1.90mmが用いられている。炊き上がった時の粒の大きさに驚き、そのしっかりした食べごたえに、「こんなお米を求めていた!」と、全国から多数のリピーターが。家族経営の小規模農園ながら、大手産直サイトでもリピート注文ランキングNo.1を獲得している。お客様の事を考え、配送に使う精米用の米袋を工夫したり、防虫用の鷹の爪を無料で同梱するなど配送にも一手間を加えるまごころも利用客に喜ばれている。

  • 太陽の光を一杯浴びて、お米もすくすく育つ広大な農園 太陽の光を一杯浴びて、お米もすくすく育つ広大な農園
  • 季節になれば菜の花も。豊かな自然の力が美味しいお米を育んでくれる 季節になれば菜の花も。豊かな自然の力が美味しいお米を育んでくれる
  • 田植えの様子。息の合った共同作業 田植えの様子。息の合った共同作業
  • 減化学肥料・減農薬、大きな粒が自慢の利兵衛の美味しいコシヒカリ 減化学肥料・減農薬、大きな粒が自慢の利兵衛の美味しいコシヒカリ
  • ふっくら丸々として甘みの詰まった極上桃! ふっくら丸々として甘みの詰まった極上桃!
  • 6品種の中から、品種で選べる利兵衛の日本梨。取り扱い開始! 6品種の中から、品種で選べる利兵衛の日本梨。取り扱い開始!

生産者紹介

10代目:五十嵐 洋
10代目五十嵐 洋

江戸時代から代々300年受け継がれてきた五十嵐利兵衛農園。9代目の利昭さんは高校へ行きながら家業の農家を手伝い、かれこれ55年以上もの経験を持つ大ベテラン農家。昔から農作物を作ることが大好きで、いつも笑顔で田畑に出ている。

そのお米や果物の美味しさが娘婿の10代目・五十嵐洋さんを惹きつけた。元々異業種の仕事をし、農業には縁がなかった10代目の洋さんだったが、9代目の作るお米と桃の美味しさに衝撃を受け、徐々に農業に興味を持ち、結婚を機に2007年から農業に転職。ゼロから農業を勉強し、販売業の経験も活かしつつ、非農家出身ならではの視点で、農作物の美味しさ プラス 消費者に興味をもってもらう丁寧なリーフレットで、リピート注文が多数寄せられている。

店舗詳細

店舗名称 五十嵐利兵衛農園
住所 新潟県新潟市西蒲区針ケ曽根142-47
アクセス