TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるお届けの遅延と一部サービスの中止について

五頭連邦のふもと阿賀野市笹神地区で、地域と共に環境保全型・資源循環型農業に取り組む農業協同組合「JAささかみ」。安全な農作物を提供するため、土づくりにこだわる。

JAささかみ 地域の農家さんと協力し、高品質な商品を提供する

地域に寄り添った活動を行う「農業協同組合」

新潟県阿賀野市の笹神地区(同市水原地区一部、日の出町、千原を含む)を事業地域とする農業協同組合「JAささかみ」。全国にグループを持つJAは、「相互扶助の精神の下に農家の栄農と生活を守り高め、よりよい社会を築くこと」を目的に組織されている。JAとは、「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字をとって付けられたニックネームであり、「農家だけではなく、住民全員と一緒に地域の暮らしづくりをしていこう」と、親しみやすさを込めて命名されたという。事業としては、営農や生活の指導をする他、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、万一の場合に備える共済等の活動を行っている。

土づくりにこだわる「ゆうきの里ささかみ」

JAささかみは、1994年に旧・笹岡農協と旧・神山農協が合併して誕生した。多種ある事業の中でも、特に力を入れているのが、農作物栽培における「土づくり」だ。「米づくりは土づくり」を合言葉に、独自で作った堆肥「ゆうきの子」を使用し、地域全体で環境保全型農業・資源循環型農業に取り組んでいる。「ゆうきの子」は、大量に余る稲刈り後の「モミガラ」と、管轄区域内にある畜産農家で廃棄となる「牛の排泄物」、豆腐工場で生成される「オカラ」などを使用した有機堆肥であり、土と混ぜることにより、土壌微生物の活性化を促す。微生物の働きによりアミノ酸が増加し、健康な農作物を育てることができるのだ。有機肥料を積極的に使用することで、水田が持つ多面的機能の他、生き物の多様性を守っているという。JAささかみは、全国に配置するグループの一つとしてだけではなく、「笹神地区の一員」として、地域の農業を支えている。

  • JAささかみ
  • JAささかみ
  • JAささかみ
  • JAささかみ

店舗詳細

店舗名称 JAささかみ
住所 新潟県阿賀野市山崎58番地
アクセス