新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

ブランド和牛「村上牛」を専門に提供する精肉店。厳しい目利きで仕入れる色鮮やかな霜降り肉は、口の中でとろける食感で、「肉の旨味と脂の甘みが絶品」と好評を得ている。

美食や やま信 店内の食事処では、村上牛の定食や牛丼を提供

「村上牛なら、やま信」と地元民に愛される精肉店

村上市にて1969年に創業した「美食や やま信」。新潟のブランド和牛「村上牛」を専門に扱う精肉店だ。村上牛は豊かな自然の中で、コシヒカリの稲わらを配合した良質な飼料を食べてのびのび育った牛。色鮮やかな霜降り肉で、やわらかな肉質ととろける食感が魅力である。噛むたびにあふれる甘い肉汁がたまらなく美味しい。全国の品評会にて最高位の名誉賞に輝く太鼓判付きの高級肉だ。やま信のショーケースには、そんな村上牛がズラリ。ヒレ・カルビ・ロースといった定番部位から、イチボやミスジなどの希少部位まで、幅広い種類のお肉が並んでいる。また、店先では村上牛を直火焼きした串焼きと、アツアツ揚げたての牛肉コロッケを販売している。お昼時や夕飯時になると、食欲をかき立てる香りに誘われて地元民が来店。観光名所の瀬波温泉が近いことから、「宿で食べた村上牛が美味しくて、買いに来ました」と、ふらっと立ち寄る温泉客も多いという。

職人の目利きで厳選する上質な肉

村上牛は、村上地域(村上市・胎内市・関川村)にて育てられた「黒毛和牛」の中から、格付等級A4・B4以上の牛のみが名乗れる選ばれし肉だ。新潟を代表する高級肉だが、やま信の遠山さんは、「一口に高級肉といっても、その品質はさまざまです。妥協せず、良いお肉だけを厳選します」と語る。村上牛の中でもさらに1〜12段階のランク分けがされており、同店はなんと「8以上」の上物しか扱わない。問屋から仕入れる際、肉を見るだけではなく、触って肉質を確かめるという。触っただけで溶けるような融点の低い脂を持つ牛肉は、口溶けが良く、香りと甘みが良いそうだ。まさに長年、肉と向き合ってきた職人だからこその目利き。遠山さんは、「良いと思うお肉がなければ、その日は仕入れないこともあります」と語る。そのこだわりは、本物だ。

看板惣菜は、村上牛100%のハンバーグ

「やま信」の人気の秘密は、高品質な精肉だけではない。村上牛をふんだんに使った惣菜の存在も大きい。牛すじ煮込み・しぐれ煮・牛丼・ビーフカレー・ソーセージ・ベーコンなど種類がとても豊富。どれも「牛肉の旨味がたっぷりで美味しい!」と評判だ。中でも地元民の心を掴んで離さないのが、ハンバーグ。なんと、贅沢にも村上牛を100%使っているそうだ。噛めば噛むほど、肉の旨味が口いっぱいに広がる。代表の遠山さんは、「合挽肉ではなく、牛肉のみを使っているのがこだわりですね。村上牛の旨味をダイレクトに味わっていただきたいです」と笑顔を見せた。

  • 美食や やま信
  • 美食や やま信
  • 美食や やま信
  • 美食や やま信

生産者紹介

代表:遠山信也
代表遠山信也

村上市出身。高校卒業後は、東京にて販売系の仕事をしていたが、父親の体調不良がきっかけで新潟にUターン。当時ミニスーパーだった家業の手伝いを始める。2000年頃、村上牛専門の精肉店に変わったタイミングで、2代目を継ぐ。父親譲りの厳しい目利きで、日々、村上牛と向き合っている。「この辺りは瀬波温泉目当てのお客さんが多いです。観光の方は、現地の美味しいものをとにかく求めていますよね。だから、私たちはとにかく質の高いお肉を提供できるように努めています」と語った。

店舗詳細

店舗名称 美食や やま信
住所 新潟県村上市飯野3丁目2番1号