新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

上越市吉川区の食品製造会社。厳選した国産素材を使い、昔ながらの手づくり製法を貫く。高品質なこんにゃくや新潟名物「えご」、ところてんが地域で親しまれている。

沢田屋 手づくりにこだわるこんにゃく店

こんにゃくや郷土料理「えご」を製造

沢田屋は、上越市吉川区で主にこんにゃくを製造する食品メーカー。こんにゃくのほかにも、ところてんや新潟県の郷土料理「えご」を製造している。えごとは、日本海沿岸で収穫される海藻「えご草」を煮詰めて溶かしてから、冷やし固めたもので、こんにゃくに似た食品のこと。ほのかな磯の香りに、ぷるるんとした食感、ザラッとした独特の舌触りが特長。夏の暑い時期や冠婚葬祭・お祭りなどの「ハレの日」になると県内で食されてきた。地域によって「えごねり」「いご」などとも呼ばれている。沢田屋の「えご」は、創業以来手づくりでの製造を貫き、素朴で優しい味わいを守り続けている。

手づくりならではの高品質

沢田屋は、代表・水澤晃さんの父・安平さんが1958(昭和33)年に創業した。安平さんは名古屋のこんにゃく屋で修行し、地元に戻って製造を始めたという。創業当時から素材を厳選し、昔ながらの手づくりを貫き続ける。1980(同55)年に安平さんが亡くなってからは、母・芳江さんが継ぎ、店を切り盛りしてきた。現在は水澤さんと妻の範子さん、次女の千秋さんの家族3人が力を合わせて、日々こんにゃくづくりに励んでいる。沢田屋のこんにゃくやところてんは、いずれも品質が自慢だ。水澤さんは「お客様から『スーパーのものと全然違う』とお褒めの言葉をいただくと励みになります」とほほ笑む。上越市内の直売所での販売や、学校給食で活用されるなどして、地域の食を支えている。

  • 沢田屋
  • 沢田屋
  • 沢田屋
  • 沢田屋

生産者紹介

代表:水澤 晃
代表水澤 晃

上越市(旧吉川町)出身。沢田屋を切り盛りしていた母を手伝うため、高校卒業後すぐにこんにゃくづくりの道へ。以来40年、原料を厳選した手づくり製法を貫いて、こんにゃく、えご、ところてんを作り続ける。つくり手としてのやりがいは、やはり消費者からの声。「うちの『こんにゃく、ところてんが美味しい』、『スーパーのものと味が全然違う』と言われるのが何よりも励みになります」とほほ笑み、「損はさせないので一度食べてほしい」と力を込める。今後も手づくりを貫き、「お客様にリピートしてもらえるような商品づくりを続けたい」と意気込んだ。

店舗詳細

店舗名称 沢田屋
住所 新潟県上越市吉川区梶544