• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度年末年始の営業スケジュールについて

1977年創業以来、新潟大学の学生達に愛され続けるタレカツ丼の名店!

とんかつ かねこ 1977年創業以来、新潟大学の学生達に愛され続けるタレカツ丼。

新潟大学生御用達!ボリューム抜群の2段タレカツ丼

1977年に現在の新潟大学前にオープンした「とんかつかねこ」。店主の金子弘一さんが、新潟市内の飲み屋で当時の大学生達との出会いをきっかけに、学生の為の飲食店を開きたい、という思いで店を構えました。 幅広く、定食メニューが用意されていますが、定番の人気メニューは「とんかつかねこ」の名前通り、新潟のB級グルメ「タレカツ丼」です。ダシの効いた甘しょっぱい醤油ダレにくぐらせたタレカツは2段になって入っていて、ボリュームたっぷりの一品です。

全てが手作り!ボリュームだけじゃない、味に自信あり!

「とんかつかねこ」では大学生にお腹いっぱい食べて欲しい、と低料金でボリューム満点のメニューを提供しています。それだけでなく、とんかつかねこの最大のこだわりは全てのメニューを手作りで行っていること。安いからといって既製品は一切使っていません。タレかつにくぐらせる「タレ」は試行錯誤を繰り返した秘伝のタレ。毎日継ぎ足しているというそのタレは、食欲をそそるダシの香りと、ご飯が進む甘じょっぱさが特徴で、その味は創業当時から一切変わっていません。素材にもこだわりがあり、豚肉は新潟県内産の「白根ポーク」を使用し、パン粉は揚げたときのサクサク感と風味を出すため、毎朝生の食パンを削って用意しています。お手製のパン粉は荒さがまちまちですが、これにより一段とサクサク感が味わえます。

創業から40年近く経つ現在では、新潟大学周辺も数々の飲食店やコンビニなどが立ち並んでいますが、創業当時はお店もほとんどなく、畑や砂丘が続くばかりだったそうです。学生達はご飯を食べに来るのはもちろん、お店でバイトをしたり、遊びに来たりと、常に賑わいを見せています。卒業していった学生たちも、今では親になり、その子供たちがまた大学生となって「とんかつかねこ」に訪れていると言います。長く学生達に愛されてきた歴史を持つ、地域に根づいた名店です。

  • タレカツ以外にも数多くのメニューがあり、学生を飽きさせない タレカツ以外にも数多くのメニューがあり、学生を飽きさせない
  • 店外にもおいしそうな匂いがただよいます。 店外にもおいしそうな匂いがただよいます。
  • 趣ある外観。お昼時には学生達が行列を作ります。 趣ある外観。お昼時には学生達が行列を作ります。
  • 県内産のブランド豚「白根ポーク」を使用。 県内産のブランド豚「白根ポーク」を使用。
  • 毎朝お母さんが食パンが削っているというお手製のパン粉。 毎朝お母さんが食パンが削っているというお手製のパン粉。
  • 揚げたてのカツを秘伝の醤油タレにくぐらせます。 揚げたてのカツを秘伝の醤油タレにくぐらせます。
  • 揚げたてサクサクを提供しています。 揚げたてサクサクを提供しています。

生産者紹介

店主:金子弘一
店主金子弘一
新潟市内の飲み屋で当時の大学生と出会い、学生の為の飲食店を開きたいという思いから、脱サラして現在の新潟大学前に1977年より店を構えた。 オープン以来35年以上の長きに渡って学生達に喜ばれるボリュームあるメニューを安く提供し続けている。とんかつかねこの提供するメニューはすべて一から手作り。名物のとんかつは注文が入ってから、毎朝削っているというパン粉をつけて揚げ、揚げたて熱々で提供している。70歳を超え未だ現役で店に立つ金子弘一さん。その明るい笑顔からは、学生たちを喜ばせたいというサービス精神が滲み出ていた。

店舗詳細

店舗名称 とんかつ かねこ
住所 新潟県新潟市西区大学南1-7804
アクセス
営業時間 11:00~14:00 (ラストオーダー13:30頃) 17:00~22:00 (ラストオーダー21:30頃) ※ご飯がなくなり次第閉店
定休日 なし(土日祝も営業) 夏季(お盆)・年末年始休業あり