新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

全国有数の米の産地・南魚沼市旧塩沢町の米農家。昼夜の寒暖差が激しい山間部の棚田で育ったコシヒカリは、「みずみずしくて、旨みたっぷりで美味しい!」と評判だ。

志田農園 棚田を見下ろす景色は圧巻!

旧塩沢町の山間部で育った「棚田米」

「美味しいお米の産地」として名高い南魚沼市旧塩沢町。志田農園は、旧塩沢町の中でも「特に美味しいお米が育つ」と地元民から評判の西山地区で米作りを行っている。代表の志田博彦さんは3代目。「自分で言うのもなんですが、やっぱり西山地区のお米が一番美味しいと感じますね」と、自信を見せる。志田農園の田んぼが広がるのは、市街地から離れた山間部。山の斜面に沿って階段状に作られている「棚田(たなだ)」だ。風通しが良く、昼夜の寒暖差が激しい山間部の棚田は、米作りに最適な環境だという。そして、この地域の米が美味しい一番の理由は「水」。田んぼの傍には、山からのミネラル豊富な雪解け水が流れている。「山から流れる雪解け水があるので、水には困りません。近年の夏はかなり暑いので、田んぼの土が乾かないように注意しながら水を与えています」と、志田さん。米作りに大切なミネラル分を多く含んだ水をたっぷり吸収することで、みずみずしく大粒のコシヒカリに育つそうだ。

土地のポテンシャルを活かした土づくり

「旧塩沢町西山地区は、粘土質で肥沃な土壌が広がっています」と、志田さんは語る。肥沃な土壌を最大限に活かすため、はじめに有機質肥料を入れて耕すことが重要な作業。土壌中の微生物の働きが活発になり、ほとんど追肥をしなくても良いほど、栄養価が高まるそうだ。栄養をたっぷりと吸収して育ったコシヒカリは、「噛むほどに旨みを感じる」「甘みが強くて美味しい」と、多くのリピーターから評判だ。「お米を買ってくれた方から『美味しかったよ』というメッセージをいただくと励みになります。大変な作業もがんばれますね」と、志田さんは笑う。

  • 志田農園
  • 志田農園
  • 志田農園
  • 志田農園

生産者紹介

代表:志田博彦
代表志田博彦

南魚沼市出身。米農家に生まれ、子どもの頃から田んぼの手伝いをしてきた志田さん。「私が子どもの頃は、牛を使って田んぼを耕したり、稲を運んだりしていたんですよ。家族総出でやっていたことが、機械化が進んだことで一人でできるようになりました」と、昔を振り返る。時代の流れにのって、今では米のネット販売に力を入れている。「昔は電気屋で働きながら兼業農家をしていました。だから、パソコンは得意なんです。通販ページも自分で作ったんですよ」と、笑顔で語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 志田農園
住所 新潟県南魚沼市樺野沢477-3