• 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度夏季長期休業期間について

阿賀町産のエゴマを確かな技術で油に加工。地域の素材を活かし、安心・安全にこだわった高品質な商品を提供しています。

北越ファーム株式会社 阿賀町と共に歩む地域に寄り添った企業

「阿賀町と共に歩む」

阿賀野川と雄大な山々に囲まれた自然豊かな新潟県東蒲原郡阿賀町。北越ファーム株式会社はこの地域でチンゲン菜などを中心に、有機栽培で安心して食べられる野菜を生産している。また、阿賀町が特産化を目指しているエゴマの栽培にも取り組み、2016年4月に発足された阿賀町エゴマ組合に加盟。エゴマはシソ科の植物で、葉や種子が食用として流通しており、食生活に不足しがちな栄養素が多く含まれている。地元産のエゴマを通して阿賀町の魅力をより多くの人に知ってもらうために、「阿賀町産エゴマ油」の商品化に向け搾油事業に乗り出す。エゴマに含まれる栄養素をそのまま摂取できるように、新潟大学工学部の坂井淳一先生による技術指導のもと、阿賀町エゴマ組合として高品質にこだわったエゴマ油の生産に成功した。

「安心・安全の確かな搾油技術」

エゴマは健康や美容においての効果が期待される食材であるが、日本で販売されているエゴマ油は外国産であったり、コスト削減のために栄養素が変質してしまっているものが多い。北越ファーム株式会社は無農薬栽培のエゴマを活かして高品質なエゴマ油を生産するために「低温圧搾」と「精密濾過」の2点にこだわる。「低温圧搾(コールドプレス製法)」は、65トンの圧力でゆっくりと時間をかけてエゴマから油を抽出していく生搾りの技術。この方法の搾油率は60%と低いが、熱に弱い栄養素を壊さずにそのまま抽出することができる。そして、搾った油は不純物を取り除くために「精密濾過(メンブレン濾過法)」を行う。これは粗さの異なるフィルターで二段階に分け、丁寧に濾過する技術だ。最も細かい0.45ミクロンのフィルターは大腸菌レベルの大きさの細菌まで取り除くことができる。これらの最先端技術によって安全性の高いエゴマ油が精製されている。

「阿賀町産エゴマの普及を目指して」

高度な搾油技術によって生まれたエゴマ油だが、まだエゴマの栽培量が少ないために多くを生産できないのが現状だ。今後はエゴマの作付面積の拡大と共に搾油量の増加に向けて取り組んでいきたいと語る。また、搾油時にはエゴマの60%が油となるが、残りの40%は栄養素を含んだ状態で搾りカスとして残ってしまうため、食品への加工や肥料としての使用など、再利用方法についても検討している。阿賀町産エゴマを通して阿賀町の魅力をPRし、地域の活性化へと繋げていく。

  • 新鮮な無農薬栽培のエゴマ 新鮮な無農薬栽培のエゴマ
  • 全国でも珍しい種子気泡水圧洗浄機 全国でも珍しい種子気泡水圧洗浄機
  • 厳選されたエゴマの種 厳選されたエゴマの種
  • 65トンの圧力がかかる低温圧搾機 65トンの圧力がかかる低温圧搾機
  • 精密濾過で安全性にも訴求 精密濾過で安全性にも訴求
  • 確かな技術で高品質なもの生産 確かな技術で高品質なもの生産

生産者紹介

代表取締役:古俣勇
代表取締役古俣勇

新潟市西区出身。本社のある阿賀町が特産化を目指し栽培しているエゴマに着目し、阿賀町エゴマ組合のメンバーとして搾油事業という新たな挑戦をスタート。高品質の追求に一切妥協はせず、阿賀町の協力のもと最先端の技術を取り入れるために新潟大学の指導を受け最新の設備を導入するなど、より良いものを作り出すために常に学ぶ姿勢を忘れない。そして、新たな名産であるエゴマ油の生産を通して阿賀町を知ってもらうために、販路拡大とPRに力を尽くしている。朗らかな笑顔の裏には、決して諦めないチャレンジ精神と新しい挑戦への熱い思いを感じる。

店舗詳細

店舗名称 北越ファーム株式会社
住所 新潟県東蒲原郡阿賀町津川2260-4
アクセス