新潟直送計画からのお知らせ

重要:土曜定休化および営業時間変更のお知らせ

燕市で50年以上に渡って養鶏業を営む「ツバメファーム」。アスタキサンチン含有赤卵やごま卵など「おいしく栄養価の高い卵」を生産している。

ツバメファーム 良質な餌とこだわりの水で良質な卵を生産

燕市で50年以上に渡り、養鶏業を営む

「ツバメファーム」は1963年の創業。もともとは200年以上続く農家で、代々米作りを中心とした農業を営んでいたが、循環型の新しい農業を目指して養鶏業へと参入。2年後の1965年には燕市初の農業法人として(有)ツバメファームを設立した。当初は、餌の配合や鶏糞の処理など手探りで進めていたが、数々の試行錯誤を繰り返しながら研究を重ね、「良い餌」「良い水」「良い環境」を整えることに成功。今では「おいしい」はもちろん、栄養面においても付加価値の高い良質な卵を生産している。

ツバメファームこだわりの養鶏

ツバメファームでは、トウモロコシや麦、大豆などの良質な穀物類をたっぷり含み、鶏の体調面も考えた独自配合の餌を与えており、飲み水も数種類の鉱石から成るろ過装置を通してミネラルを整えたものを与えている。鶏舎は、日が射して風が通る新潟の四季を感じる作りで、スペースにゆとりを持たせて環境を整えることで、鶏にストレスを与えず、良質な卵を生産できる。特徴的なのは、一般的な赤卵・白卵の生産に加えて、鶏にアスタキサンチンを含んだ自然由来の酵母入りの餌を与えて生産する「アスタキサンチン含有赤卵」や胡麻を混ぜた餌で育てる「ごま卵」など栄養面での付加価値を付けた商品だ。また、ツバメファームでは、これらの卵をできるだけ新鮮なうちに消費者に届けようと、養鶏場のすぐそばに自動販売機から成る「卵の直売所」を設置。24時間365日営業している。地域住民の台所としても一役買っており、遠方からも買い物客が訪れるちょっとしたスポットにもなっている。代表の清水社長は「どうしたらお客様に喜んでもらえるか、私たちは喜んでもらえる商品を一生懸命心を込めて作るのみ。」との信念で、大手の企業や他社の卵とは差別化した「おいしく、栄養価の高い卵」を提供し続ける。

  • ツバメファーム
  • ツバメファーム
  • ツバメファーム
  • ツバメファーム

生産者紹介

代表:清水眞佐夫
代表清水眞佐夫

燕市出身。代々農業を営む家に生まれる。農業高校に学び、循環型の新しい農業を夢見て22歳で養鶏業に踏み出す。初めは手探りで、試行錯誤しながら鶏の飼育方法を研究。鶏舎内の様々な設備や装置も手作りし、「良い餌」「良い水」「良い環境」を整えることで、安定して良質な卵を生産できるまでになった。今現在もよりよいものを目指して日々改善を重ねている。「どうしたらお客様に喜んでもらえるか、私たちは喜んでもらえる商品を一生懸命心を込めて作るのみ。」との信念で、大手の企業や他社の卵とは差別化した「おいしく、栄養価の高い卵」を提供し続ける。

店舗詳細

店舗名称 ツバメファーム
住所 新潟県燕市道金485
アクセス