新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

江戸時代から続く、城下町の村上市でも指折りの「老舗料亭」。伝統を守りつつ新しい価値を取り入れ、鮭や村上牛といった四季折々の「山海の幸」を提供する。

料亭能登新 黒塀と緑に囲まれた、歴史を感じる佇まい

1777年創業の老舗料亭

「能登新」は、新潟県北部の村上市にて、創業250年の歴史を持つ老舗料亭。大切にしているのは、「不易流行」の心だという。「不易」とは、永遠に変わらない伝統や芸術の精神のこと。「流行」とは、新しさを求めて時代とともに変化すること。老舗として「守るべきこと」、「変えてはならないもの」を大切に残しながら、常に新しい良いものを取り入れていく姿勢を貫き続けている。「人を良くすると書いて『食』。少しでも能登新の料理を通じ、多くの方に喜びを繋いでいきたい」と料理長の山貝さんは語る。席は全室個室で、お祝いの席や、会食、宴会など、それぞれの用途・人数に合わせた部屋を完備。大きな窓から庭を望められる贅沢な空間で、「もてなしの時間」を過ごすことができる。

「村上の美食」を活かす技

能登新は、村上市伝統の「鮭料理」や、品質日本一に輝いた「村上牛」を提供している。鮭料理は、一品を少しずつ盛り付け、たくさんの料理を堪能できるよう工夫。村上牛は、最高等級のA5ランクのみ使用し、焼きにぎり寿司や、サーロインステーキ、村上牛ハンバーグ、丼ぶりものなどメニューで提供している。この他にも、日本海や朝日連峰などで採れた、「豊かな自然の恵」をふんだんに使った料理を一年通して楽しめる。中でも人気なのが、ふぐ・すっぽん・蟹・鰻など、四季折々の味覚を使った特別メニュー。地場の食材を最大限に活かす技術ともてなしが、多くの食通を唸らせている。

  • 料亭能登新
  • 料亭能登新
  • 料亭能登新
  • 料亭能登新

生産者紹介

代表:山貝 誠
代表山貝 誠

村上市出身。高校卒業後、東京日本橋人形町でミシュラン3つ星を獲得した実績を持つ玄冶店濱田家に修行に入る。同じ村上市出身で、厚生労働省から現代の名工に選ばれた、南雲和市料理長ーを一新する。テレビなどのメディアを通じた情報発信や、地元商工会での地域活性への取組み、生産者から直接仕入れる地産地活、異業種交流での経営のスキルアップなど、料理の道のみならず、250年近く続く店のため、また地域のために、精力的に活動している。

店舗詳細

店舗名称 料亭能登新
住所 新潟県村上市飯野2-1-9