新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」12月のプレゼント

新潟土産の総合卸売として、食品を中心に約5000商品を取り扱う「新潟交通商事」。自社商品としてご当地カレー「バスセンターのカレー」をレトルト化し、大ヒットさせた!

新潟交通商事 創業から80年以上にわたり、新潟土産を取り扱う企業

新潟観光土産の総合卸「新潟交通商事」

新潟交通商事は、1939年創業の、観光土産をメインに取り扱う総合卸売会社。新潟県の下越地方と佐渡を拠点に、路線バスや高速バスを運行する「新潟交通株式会社」のグループ企業だ。取り扱い品目は、約5000アイテム。県内各地の土産物を、空港や駅、ホテルや旅館、道の駅など、様々な取引先に卸している。80年以上にわたり、新潟土産の変遷を見守ってきた同社。当初は、笹団子や柿の種といった、いわゆる新潟名物を中心に取り扱っていたが、20年ほど前からは、自社ブランド品の開発や、県内メーカーとのコラボ商品にも注力。バスセンターのカレーシリーズや、柿の種、黒埼茶豆などを使用した土産物など、時代の流れや消費者のニーズに合わせ、数々の人気商品を世に送り出している。

圧倒的な人気を誇る、自社商品「バスセンターのカレー」

数々の新潟土産を取り扱う、新潟交通商事。中でも圧倒的な人気を集めているのが、万代シテイバスセンターの敷地内にある立ち食い蕎麦店「万代そば」のカレーを再現した「バスセンターのカレー」だ。バスセンターのカレーと言えば、豚骨スープの旨みに、ぴりっと辛いスパイスが効いた、どこか懐かしい味わいが特徴で、一度食べたら忘れられないあと引く美味しさ。また、近くを通りかかると漂ってくる、独特の「香り」に吸い寄せられるファンも多く、お皿いっぱいに、たっぷりとルーが盛られたバスセンターのカレーでお腹を満たすサラリーマンは、数知れずだ。一度食べたら忘れられない味として、新潟市民のみならず、県外から出張などで訪れる客の胃袋をわしづかみにするこのカレー。最近では、全国区のメディアで取り上げられる機会も多く、売切れ必至の人気商品となっている。

  • 新潟交通商事
  • 新潟交通商事
  • 新潟交通商事
  • 新潟交通商事

店舗詳細

店舗名称 新潟交通商事
住所 新潟県新潟市中央区幸西3丁目5番3号