• 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度夏季長期休業期間について

15年以上前から無農薬・無化学肥料の「有機栽培」に取り組んできた長岡市の米農家!

大塚ファーム 有機栽培米の生産を行う大塚ファーム

希少なJAS認証「有機栽培米」

大塚ファームは、新潟県長岡市で、15年以上前からお米の有機栽培を行なってきた米農家。7代目にあたる、現在の代表が従来の農薬、化学肥料に頼る栽培方法に疑問を感じ、「無農薬」、「無化学肥料」にこだわった。安心・安全なお米づくりに取り組んできた。大塚ファームの『有機栽培米』は日本農林規格協会(JAS協会)による検査を受け、認証を取り、その証明として「JASマーク」というシールが貼られている。栽培自体の難しさ・手間、書類申請等の複雑さ、検査料などの必要経費などの障害もあり、現在JASの認証を受けている「有機栽培米」は、日本で栽培されるお米の0.1%しかない、非常に貴重なお米。美味しいだけじゃない、安心・安全にこだわり抜いた究極のお米。それが大塚ファームの有機栽培米コシヒカリだ。

無農薬は雑草との戦い!

大塚ファームでは、無農薬栽培の為、長年の経験に基づく「深水管理」によって、雑草の生育を抑制している。それでも生えてくる雑草は、最後は除草機で人為的に刈り取っている。炎天下の中での雑草除去は大変な労力。その全ては、お客様に安心・安全なお米をお届けするため。産地ブランドだけではない、その並々ならぬこだわりを感じて欲しい!

  • 米農家としては8代目となる大塚 博幸さん。爽やか。 米農家としては8代目となる大塚 博幸さん。爽やか。
  • すくすくと育つ稲。 すくすくと育つ稲。
  • 無農薬は雑草との戦い。最後は人の手でで除去。 無農薬は雑草との戦い。最後は人の手でで除去。
  • 新潟の次代を担う若手農家さんです! 新潟の次代を担う若手農家さんです!
  • JAS認証シールが貼られた米袋 JAS認証シールが貼られた米袋
  • 脱穀時の籾殻も、堆肥に再利用。 脱穀時の籾殻も、堆肥に再利用。

生産者紹介

大塚 博幸(大塚ファーム)
大塚 博幸(大塚ファーム)

新潟生まれ、新潟育ち。家族の期待もあって新潟県農業大学校へ入学。そこで農業の楽しさに気づく。農業を真剣にやろうと決め、20才の時に実家を継ぐ事を決意した。それまでは農業には興味はなく、東京に出て違う仕事をするつもりだったそう。

家業を継いでからは、無農薬、無化学肥料による有機栽培に長く取り組んできた父の教えを受けながら、おいしい米を作る事、安心、安全のお米作りをモットーに仕事に取り組んできた。

これからも、安心、安全で美味しい米作りはもちろんの事、お客様と顔の見えるやりとりをしていきたいと話す。

店舗詳細

店舗名称 大塚ファーム
住所 新潟県長岡市槙山町1555
アクセス