• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

地元で人気の栗直売所を構える宮沢栗農園。お客様の笑顔を想像しながら、栗に愛情を注ぎ丁寧な栽培を心がける。

宮沢栗農園 遠方からのお客様もいる人気の栗直売所

上越の緑豊かな丘にある宮沢栗農園

上越市三和区で栗園を営む宮沢栗農園。新潟県は南側から上越地方、中越地方、下越地方と地域が分かれており、上越市は上越地方の中心都市にあたる。農園は、春日山から関東に通じる三国街道の最初の関門の役目も果たしていた大間城跡近くの山間地にあり、豊かな自然の中で様々な品種の栗を育てている。

栗への探究心

農園の位置する山間地は、標高が低い。そのため日当たりや風当たりなどが栗の栽培に適した環境となっているのだと園主の宮沢さんは話す。また空気を良く含んだ肥沃な土壌が良質な栗を育んでいるのだという。宮沢さんは、そんな恵まれた環境で、より美味しい栗を実らせるため、畑の手入れに力を入れている。栗の栽培は日当たりが重要で、太陽の光がそれぞれの枝にしっかりと当たるように剪定を行わなければならない。苗を植えた1年目から、どの枝がどのように伸びていくのかを予測し、長年の経験で培った目利きで剪定する枝を見極めていく。また、本来、農産物の栽培には不必要だと思える雑草などの草をあえて伸ばし、その草を刈って土に戻し、土の養分を整えている。

美味しい栗を手軽にお客様へ届けたい

宮沢栗農園では、栗園のすぐ近くに直売所を設けている。県内外各地から宮沢さんの栗を求めて足を運ぶ方も多い。多くの人に来てもらいたいという思いから、焼き栗機を導入し、手軽に食べてもらうため、栗の皮むき機も直売所に置いている。「せっかく遠方から足を運んで下さったお客様に、毎年来たいと思ってもらえるようなサービスをしたい。」と宮沢さんは笑顔で話す。

謙信甘栗で上越を栗で盛り上げていきたい

宮沢さんは自分の生産する「栗」と地元「上越市」に対して強い思い入れがあり、栗を新潟の名産品として全国に広めていきたいと考えている。そこで農園イチオシの品種である倉方甘栗を上越市の戦国武将、上杉謙信にちなみ「謙信甘栗」と名付け販売を開始。この品種は、ぽっこりした小粒のかわいらしい実だが、味と食感も天津甘栗に近く甘みが強く、渋皮も剥けやすい。上杉謙信のように、この「謙信甘栗」が上越を盛り上げてくれる事を期待する。

  • 栗
  • 栗
  • 宮沢栗農園
  • 宮沢栗農園
  • 宮沢栗農園
  • 宮沢栗農園

生産者紹介

代表 宮沢和一
代表 宮沢和一

新潟県上越市出身。家業が農家であったが、当時は農業だけでは生活が成り立たず、専業農家になることを目標に、郵便局員として働きながら農業に励んでいた。上越市三和区が栗の栽培に適した環境に恵まれていることもあり、栗を栽培しようと決め、独学で苗木を植え育て始めた。徐々に栗園を拡大し、数年の下積み時代を経て、目標であった専業農家に。毎年、行われる全国栗研究大会に参加するなど、栗への情熱が熱く、研究熱心である。また、近年、雪室保存や低温貯蔵といった低温熟成の食品が注目を集めているが、宮沢農園では十数年も前から、栗を氷蔵貯蔵し、甘みを引き出す低温熟成を行っている。今後は、栗を上越の名産品にしていきたいという思いがあり、農園のブランド商品として「謙信甘栗」の販売を開始。これからも、上越から美味しい栗を全国の栗ファンに届けていく。

店舗詳細

店舗名称 宮沢栗農園
住所 新潟県上越市三和区北代1065
アクセス