新潟直送計画からのお知らせ

ヤマト運輸の置き配サービス開始に関するお知らせ(5月23日)

県内有数の米どころとして知られる、村上市岩船地域で米作りを行う農事組合法人。美味しさと品質の高さにこだわった、コシヒカリや杵つき餅を販売している。

岩船農産 風通しの良い平野で米作りに励む

米の三大産地の一つ、岩船地域での米作り

県の最北端に位置する村上市は、美味しい米の産地として知られている。中でも岩船地域は、魚沼・佐渡と並ぶ三大産地の一つ。山間部から平野にかけて、米作りが盛んに行われている。岩船農産は、岩船地域の個人農家が集まって、1991年に設立した農事組合法人。「地域の水田を守るために、共同で米作りをしていこう」という思いからはじまったという。現在は、担い手がいなくなった田んぼを引き継ぐことで、地域農業の発展に貢献している。岩船農産が米作りを行っているのは、岩船地域の中でも平地側の八日市地区。土地の高低差がなく、一級河川・荒川から引いている雪解け水を圃場全体に行き渡らせることができる。そのため、美味しさや品質にムラのない米に仕上がるという。代表・工藤智志さんは、「風通しが良く、湿気がこもらないので、稲が健康に育ちます。病気になりにくく、農薬を最小限に抑えられるんです」と語る。中でもコシヒカリは、農薬・化学肥料を慣行栽培の5割以下に抑えて栽培している。「美味しい上に、安心して食べられる」と、多くのお客さんから評判だ。

岩船地域の方言から名付けた、杵つき餅「めめよし」

岩船農産では、コシヒカリや新之助のほか、もち米「こがねもち」も生産している。自分たちで育てたこがねもちを使って、生産から加工まで一貫して手がけている杵つき餅「めめよし」は、リピーターの多い人気商品だ。商品名の「めめよし」は、「美しい人」という意味で使われる岩船地域の方言。色白でしっとりとした美しい餅を見て名付けたそうだ。杵でつき上げることで、コシのあるもっちり食感に仕上げている。こがねもち100%で、噛むほどにお米のやさしい甘さを感じる味わいが美味しい。定番の白餅をはじめ、草餅・豆餅・ごま餅・カレー餅・栃餅と豊富なラインナップも人気の理由だ。

  • 岩船農産
  • 岩船農産
  • 岩船農産
  • 岩船農産

生産者紹介

代表:工藤智志
代表工藤智志

村上市出身。2006年、「農事組合法人岩船農産」への入組を機に就農。「もともと農業に興味はなかったんです。米作りの流れを覚えて、自分なりのやり方を考えられるようになってから、やりがいや面白さを感じられるようになりましたね」と、工藤さんは笑う。現在は、4代目の代表として運営にも注力している。スローガンに掲げているのは、「地域の基盤になれるような組織になること」。「この先も地域の田んぼを守れるように、そして、スタッフみんなが楽しみながら農業できるように運営していきたいです」と、力強く語る。

店舗詳細

店舗名称 岩船農産
住所 新潟県村上市八日市1007-1