TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2018年度年末年始の営業スケジュールについて

たかはし果樹園の「新高梨」を試食!一口で果汁と笑顔が溢れました!

今回の担当:田巻
寒くなってきましたね。1年が終わる前に、今期最後の和梨はいかがですか?今回の担当:田巻

こんにちは!
どんどん下がる気温と澄んでいく空気に、秋の終わりを感ぜずにはいられませんね。秋はたくさんの美味しいものが旬を迎えるわけですが、その中でも私が思い浮かべてしまうのは「梨」!特に和梨は、品種別で長い期間楽しめるのも嬉しいですよね。なんと先日、加茂市にある「たかはし果樹園」さんから、旬の恵み「新高」をいただきました!なんでも、全国から注文が殺到するほどの人気なのだとか……?そんなの聞いたら食べずにはいられませんね!

贈答用の一番人気!新高とは?

新高(にいたか)は「幸水(こうすい)」や「豊水(ほうすい)」に次いで、全国での生産量の多い赤梨です。1つで1kgほどになることもあり、平均サイズが大きいことが特徴です。甘みが強く酸味は少なめで、とても食べやすく人気があります。気持ちが伝わる「迫力のサイズ」で、贈答に多く用いられます。大きいからといって決して大味ではなく、見た目もさることながら、美味しさにも喜びの声が上がる感動の梨です!

細やかな手入れで極上梨を育む「たかはし果樹園」

新潟県のほぼ中央部、加茂市の信濃川沿いに位置する「たかはし果樹園」さん。和梨だけでなく県の特産品である「ル・レクチェ」などを栽培しており、果樹園に併設されている直売所には、地元民だけではなく市外からも多くの人が訪れます。一般的に梨栽培では除草剤や農薬を使用しますが、たかはし果樹園さんでは除草剤を全く使わず、低農薬栽培を行っています!つまり、樹や実を守る過程を手作業で補っているのです!手がかかる作業も細やかに、丁寧に行うことで「極上の美味しさ」を生み出しています。

こちらが噂のエース、新高ちゃんです!

見てください。この肌ツヤ。羨ましい。

そしておっきいんです。手の平に収まらないくらい。

だって旬ですよ。待ちきれません!

個人的に梨は新高が一番好きなんです。果肉は柔らかめですが、程よいシャリシャリ感があって、水分も豊富で……じゅるっ。おっと待ちきれずによだれが……。食べたい時に食べるのが一番!早速カットしたいのですが、わたしのよだれが飛び散ると迷惑なので、隣にいたスタッフに代わりに切ってもらいましょう!

梨から生まれた~

梨太郎ッ

「なんて眩しいほど白いんだ!!!」

断面は白くてきれい。そしてみずみずしい!この感動を写真でしかお伝えできないことが残念です!!

ほんのり梨の甘い香りが漂ってきて、待ちきれません!早く早く!

(急かさなくても皮むきが早いスタッフ)

待ちに待った実食タイム!

あーん。

シャクッ。

「うま~~~~い!!」

細マッチョの高山さんも、ついつい顔がほころんでしまいました。

美味しいものを語るのに言葉なんていりません。見てください、この幸せそうな表情。

シャリシャリ食感の果肉に水分がぎゅっと凝縮され、噛んだ瞬間に果汁が溢れ出します。果汁と一緒にやってくるのは、口いっぱいに広がる上品な甘み。う~~ん最高!

みんな新高ちゃんの虜!

肌ツヤが良く、みずみずしい。そしてみんなに笑顔をしてくれる新高梨。わたしも見習いたいと思います。

しかし、「新高」の旬は短い!

今のうちに食べられるだけ食べておかないと1年おあずけ食らってしまいますから。欲張ってしまいました。

「新高梨」は10月上旬から順次発送しており、なくなり次第終了!

※現在は「新興梨」の発送が開始されています。

新興(しんこう)もなくなり次第終了なので、ご注文はお早めに!

このレポートに登場している商品

細やかな手入れによって、極上の美味しさに育て上げられた和梨をお届け!除草剤不使用で低農薬の安全な品質は、丁寧に育てた証です。市場に中々出回らないレアな品種にも出会えます。