• 「29年度新米」のページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

鶏のプロフェッショナルが素材を生かした料理を提供する炭焼き・からあげの専門店「とりい」。数々の賞を獲得してきた「元祖新潟タレから揚げ」は年々ファンが増加している大人気商品!

とりい 「人気が人気を呼び、10年越しに再び店舗を出店」

新潟県を代表する鶏専門店

新潟県三条市と長岡市に店舗を構える新潟県屈指の鶏専門店。
数々の賞を受賞している「新潟タレから揚げ」をはじめ、鶏のもつ煮込み、半羽から揚げ、スノーアイスなど注目メニューを持つ。

代表を務める涌井さんが19歳の時に新潟県加茂市に『鳥井』をオープン。繁盛店として成長するが、店舗営業ではない販売形態に魅力を感じ、32歳の時にイベントのブース販売に転じる。新潟のプロスポーツチームの試合会場での出店や、各地のお祭りなどに出店を重ね、国際ご当地グルメグランプリ米粉部門受賞、ND1グランプリ2年連続金賞受賞(2014年、2015年)など数々の実績も残している。

数多のTVメディア出演や、口コミ、「イベント以外ではどこで購入できるんですか?」というお客様の声に後押しされ、2014年に「とりい」三条店をオープン。その後も各種イベントやお祭りには継続して出店しており、その人気は留まらず、一年後には「とりい」長岡店を開店する運びとなった。

素材を生かす為の「秘伝のタレ」

20年来の秘伝タレを利用して作られた「新潟タレから揚げ」、そのタレは青年時代に修行を行った新潟市の「鳥芳」の味がベースになっている。特徴は、新潟県十日町の「雪室」で三ヶ月以上熟成させた丸大豆醤油と、佐渡近海で取れる良質な飛魚ダシを加えることで、甘いまろやかなタレの中に、ピリッと胡椒が効いてパンチのある味になる。素材の良さを生かしたこだわりあるタレ作りは、年月と共に改善を重ねブレンドされている。現在では「極上」という言葉が相応しい味となっており、28年経った今もなお進化し続けている。

ビジネス手腕も一流

取り組みとして、イベントの際に子ども達にもっと喜んで貰える様に「新潟タレから揚げ」専用のオリジナルキャラクター「つぼいさん」を作成し、ゆるキャラとして定着しつつある。特徴は、「つぼいさん」のお尻からガチャガチャを出来る様にして、子ども達に関心を引くように設計されている点である。「とりい」は、これからも多角的な事業展開、取り組みを行っていく。観光客相手に弁当を届けていくなどの事業展開も検討しており、フランチャイズ化も視野に入れ積極的なマネジメントを行っていく。今後も幅広い挑戦を行う「とりい」に注目である。

  • 「とりい」の看板 「とりい」の看板
  • 「とりい」オリジナルマスコットキャラクター「つぼいさん」 「とりい」オリジナルマスコットキャラクター「つぼいさん」
  • 手作業で肉を解体 手作業で肉を解体
  • 丁寧な肉処理 丁寧な肉処理
  • 揚げ方にもこだわり有 揚げ方にもこだわり有
  • イベントでの店舗外観 イベントでの店舗外観
  • 国際グルメご当地グランプリの様子 国際グルメご当地グランプリの様子

生産者紹介

代表取締役:涌井 隆志
代表取締役涌井 隆志

1971年新潟県五泉市生まれ。幼少期から鶏肉料理が好物だった為、高校卒業後は新潟市の鳥肉専門店『鳥芳』で修行を重ねる。19歳で起業し、10年程店舗経営を行うが、イベントのブース販売に魅力を感じ、順調であった店舗を畳み販売経路の変更を行う。「イベント以外ではどこで購入できるんですか?」と人気続出の声が大きく、2014年に三条店に出店。その勢いは止まらず、一年後の2015年には長岡に出店を行う。

鶏について一から学び、現在でキャリア28年の鶏料理のプロフェッショナル。「素材を生かす事」にこだわりを持って、仕入れ、解体、調理までこなす。店舗再オープン後も、ブース販売はプロスポーツの試合会場でのなどで現在も継続している。タレから揚げのオリジナルゆるキャラ「つぼいさん」を作成するなど、涌井さん自ら宣伝、販路拡拡大と、料理のみでなくビジネス面においてもその手腕を発揮している。

店舗詳細

店舗名称 とりい
住所 新潟県三条市居島1-21-1
アクセス
営業時間 17:00~24:00(平日)
17:00~3:00(日曜日・祝日前日)
定休日 水曜日