新潟直送計画からのお知らせ

2022年度お中元配送受付開始のお知らせ

三条市で農家を営む「飯塚農園」。従来品種コシヒカリのほか、アスパラガスや枝豆といった園芸品も栽培。一流レストランに認められるほど、高品質な農産物を届ける。

飯塚農園 「農の穣で幸せを育む」が合言葉!

青空の下で情熱的に農業に励む!三条市の飯塚農園

県の中央に位置する三条市で農家を営む「飯塚農園」。代表・飯塚英晃さんは「農穣幸育(農の穣で幸せを育む)」という理念を掲げ、祖母から受け継いだ畑と父から受け継いだ田んぼで農業に取り組んでいる。現在では、アスパラガス・枝豆・長ネギ・従来品種コシヒカリなどを栽培。生産している農産物は、県内外のさまざまな飲食店でも提供されているという。飯塚農園のほとんどの農産物は、太陽の光がたっぷり降り注ぐ「路地栽培(ろじさいばい)」で育てられている。ミネラルを多く含んだ雪解け水が農地にたくさん流れ込み、作物が美味しくなるのだそう。「ハウスでの栽培に比べ、光合成率が高く自然の風が当たるので、作物にとって多くのメリットがあります。そして何より、青空の下で作業するのは気持ちがいいですよね!」と語る飯塚さんからは、農業が好きだという熱い気持ちが伝わってくる。

「農業のカッコよさ」を次世代に伝える

飯塚農園は、フードロスの削減を目的に企画された「LOSS FOOD MENU(ロスフードメニュー)」に参加。この企画は、都内の一流レストランで、見た目の問題で規格外品となってしまった食材(フードロス食材)を取り入れた料理を提供するというもの。飯塚農園からは、長さ・色味・穂先の開き方などで規格外品となってしまったホワイトアスパラガスを提供した。その一方で、飯塚農園では毎年地元の学校給食にも野菜を出荷しているそう。「学校給食の野菜が一流レストランでも提供されていると知ることで、子どもたちが農業や地元に興味を持ってくれたらうれしいですね」と、飯塚さんは笑顔で語ってくれた。

  • 飯塚農園
  • 飯塚農園
  • 飯塚農園
  • 飯塚農園

生産者紹介

代表:飯塚英晃
代表飯塚英晃

三条市出身。祖母から畑・父から田んぼを受け継ぎ、「農穣幸育(農の穣で幸せを育む)」という理念を掲げながら、日々農業に励む熱血農家。農業大学を卒業後、家業を継ぐ形で就農した。現在では米・アスパラガス・枝豆などを生産し、その美味しさは一流レストランからも高い評価を得ている。「長男が、『おれ農業やりたい。だってカッコいいもん!』と言ってくれているんです。将来、息子がまだその思いを持っていてくれたら、彼に代替わりするときにはいろいろな可能性を残してあげながら、できるだけ良い状態で継承してあげたい」と飯塚さん。次の世代へ幸せな代替わりができるよう、働きやすい環境づくりにも取り組んでいる。

店舗詳細

店舗名称 飯塚農園
住所 新潟県三条市東本成寺96