新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」9月のプレゼント

越後山脈がもたらす「自然の恵み」を受けて、農業を営む武田農園。作物にとって欠かせないミネラル分をたっぷり含んだ土壌で、特別栽培米を育んでいる。

武田農園 広大な越後平野で米を栽培

100年以上の歴史を持つ農家

武田農園は、100年以上にわたり、米のみを栽培してきた農家だ。代々、モットーとしているのが「消費者とのつながりを大切にする」こと。米の販売店に卸すのはもちろんだが、個人顧客への販売にも精を出している。現代表・6代目の武田貞明さんも、その流れを受け継ぎ、1軒ずつ自宅に米を届けているそうだ。「我々、生産者は、お客さんから美味しいと言ってもらえることが、何よりも励みになります」と笑顔の武田さん。消費者から聞く生の声を、日々の栽培の糧にすることで、美味しい作物を育てることができるそうだ。近年は、主力の米に加え、枝豆・ナス・キュウリ・トマト・スナックエンドウなどの野菜栽培も始め、年々事業を拡大している。

有機肥料を使った、特別栽培に取り組む

農薬・化学肥料の使用量を慣行の半分以下に抑制して育てられた米を、特別栽培米という。長年、食の安全を追求してきた武田農園もその栽培を実践し、県から認証を受けている。化学肥料を減らす代わりに使用しているのが、魚粉を主成分とした有機物の肥料だ。有機肥料は、田畑の中にいる微生物を活発化させるエサともいえる。増殖した微生物が、有機物を速やかに分解することで、作物が生育しやすい環境ができあがるのだ。

稲作に適した越後平野

燕市にある武田農園の田畑は、日本海側で最大の面積を誇る、越後平野のほぼ真ん中に位置する。これは稲作にとって好条件である。風通しが良いため、作物が病気になりにくく、健康に育つのだ。また、美味しい米作りに欠かせない「上質な水」にも恵まれている。平野を流れる信濃川や阿賀野川には、越後山脈から湧き出るミネラル豊富な清水が注ぐ。そのため、植物にとって大事な要素である、ミネラル分をたっぷり含んだ、粘土質の土壌が形成されるのだ。6代目・武田さんは、「粘土質の土壌は、肥料分や水分を保つ力が強く、稲作にとても適しているのです」と語る。

  • 武田農園
  • 武田農園
  • 武田農園
  • 武田農園

生産者紹介

6代目:武田貞明
6代目武田貞明

燕市にて、農家の長男として生まれる。工業高校卒業後、ステンレスやアルミを加工する工場に就職し、35年間勤務。2008年、工場勤めを続けながら、兼業農家として6代目を継ぐことを決意する。もともと農業には興味がなかっという武田さん。しかし、いざ始めると、作物を育てる楽しさに気付いたという。今では、「自分の力で、もっと農園を発展させたい」と目を輝かせている。

店舗詳細

店舗名称 武田農園
住所 新潟県燕市杣木3905