新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

佐渡の豊かな自然環境で育った、幻の黒毛和牛「佐渡牛」専門の焼き肉店。店内では、各部位を焼肉にして味わえるほか、サイドメニューのジューシーハンバーグも大人気!

焼肉バル 焼NIQ 幻の肉「佐渡牛」を食べられる人気店

笑顔になれる幸せな時間と場所を提供

株式会社イデアルは、県内を中心に8店舗の飲食店を運営している会社だ。2002年の創業以来、本物の食材を心づくしの接待と調理でもてなし、お客様に美味しく幸せな時間を提供してきた。利益の追求だけではなく、「心の底からお客様に笑顔になれる幸せな時間と場所を提供したい」また、「従業員を大切にすることこそが、お客様へのサービスにつながる」と考え、従業員のやる気を応援する体制作りや、やりがいを追求できる環境作りにも力を入れている。株式会社イデアルが7店舗目としてオープンしたのが、焼肉店「焼肉バル 焼NIQ」。県内でも希少な「佐渡牛」専門店として、美味しい焼肉とワインを提供し、多くのファンが足を運ぶ人気店だ。

「佐渡牛」仕入れへのこだわり

「焼肉バル 焼NIQ」では、「佐渡牛」を毎月「半頭分」仕入れ、焼肉として提供するほか、弁当やデリバリー用の総菜などに加工し、販売している。「佐渡牛」は、佐渡生まれ・佐渡育ちで、佐渡で収集した稲わらを飼料とした安全・安心の飼育であることが定義。佐渡では、朱鷺と共生するため、化学肥料や農薬を減らした農法が実践されており、2011年には、「世界農業遺産」にも登録されている。この安心安全な農法で育った稲わらを餌として、のびのびと育ったのが「佐渡牛」だ。ストレスフリーな環境で飼育することで、脂身はとろけるように甘く、赤身は柔らかな食感となるという。中でも「焼肉バル 焼NIQ」では、肉質が柔らかく脂のバランスが良い「雌牛」のみを仕入れており、上品な美味しさが味わえると評判だ。焼き肉以外にも、お店の調理場でひき肉に加工して作る「佐渡牛ハンバーグ」が人気。肉汁とともに溢れ出す甘みとうま味で、ソースの要らないハンバーグとして評判を集めている。

  • 焼肉バル 焼NIQ
  • 焼肉バル 焼NIQ
  • 焼肉バル 焼NIQ
  • 焼肉バル 焼NIQ

生産者紹介

店長:須藤一樹
店長須藤一樹

新潟市出身。高校卒業後、調理専門学校を経て、東京の中華料理店で調理師としての経歴をスタート。経験を積んだ後、地元に戻り、新潟市内の飲食店で調理を担当。そこで、和食と洋食の調理を3年ほど経験した。その後、一旦は調理の道を離れ、他業種に転職するも、離れてみて改めて、「食を通してお客様に笑顔を与えられることの素晴らしさや、魅力」に気付き、再び調理の道へ。「焼肉バル 焼NIQ」には、オープニングスタッフとして携わり、現在では店長を任されている。店舗運営だけでなく、テイクアウトやスーパーとの連携、通販など、新たな販路拡大にも果敢に挑戦する須藤さん。今後も積極的に仕事の幅を広げていきたいと語る。

店舗詳細

店舗名称 焼肉バル 焼NIQ
住所 新潟県新潟市中央区花園1-6-11 BUENA花園1階