新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」4月のプレゼント

アウトドア好きな職人が集まるせきかわ工芸が手掛ける、アウトドア向けテーブルウェアブランド。自分たちが使いたいと心から思える、こだわりの逸品を生み出している。

Art tech 非常に困難なチタン加工を得意とする熟練の職人

職人こだわりの逸品を手掛けるアウトドアブランド

「Art tech」は、金属加工の町・燕市のアウトドア好きな職人たちが手掛ける、「MADE IN TSUBAME」のアウトドア向けテーブルウェアブランド。「長く味わう、共に過ごす」をコンセプトとし、長く愛用できて、使い込むほどに味わいを増していくような製品を手掛けている。ラインナップは、保温性が高くて飲み物の味を損なわない「タンブラー」や、使い続けても取っ手が外れない高耐久な「シェラカップ」など、どれも職人自らが欲しいと感じたものばかり。さらに、「口当たりの良さ」や「手に馴染むフィット感」などにこだわり、細部をより丁寧に仕上げている。

製品を生み出し、作り上げるまでをすべて自社で

ブランド「Art tech」を展開するのは、燕市にある金属製品の製造会社「せきかわ工芸」。カップやタンブラーなどの「器物」の製造を得意としている。最大の強みは、製品のプロダクトデザイン~加工・仕上げまでを「一貫して請け負える」こと。金属加工産業が盛んな燕市では、作業工程ごとの「高度な分業化」が実施されている。そのため、「一社一貫体制」を採用している企業はめずらしい。この体制を実現できたのは、創業者の関川さんがかつて「意匠のデザイン」に携わっていたため。「おかげで、図面がなくても製造できます」と関川さん。その「熟練の技」には、同市の職人たちも思わず舌を巻くという。もちろん、メーカーからも厚い信頼を集めており、大手アウトドア会社の高品質を下支えしている。

非常に高度なチタンの加工をむしろ得意とする技術力

せきかわ工芸は、チタン・ステンレス・真鍮・銅・アルミなど、じつにさまざまな素材の加工ができる。中でも「チタン」は、軽くて丈夫という性質を持ちながら、加工するのは非常に難しい。長い経験を持つ「職人」の勘と技術が必要とされる金属だ。そんなチタンの加工こそ、せきかわ工芸は得意としている。創業当初は、「ヘラ絞り」という技術を活かし、なんと手作業で加工していたというから驚き。現在は、量産・コスト低減のニーズ増加に伴って、作業機械を導入しているが、職人の勘と経験が必要とされることは変わらない。チタンを使った高品質な製品づくりにこだわり、新しい技術にも果敢に挑戦してきからこそ、せきかわ工芸は「業界から信頼される会社」となれたのだ。

  • Art tech
  • Art tech
  • Art tech
  • Art tech

生産者紹介

生産者:関川慎也
生産者関川慎也

燕市出身。「Art tech」を手掛ける、せきかわ工芸に生まれる。2020年からは、企画営業として活躍。軽くて丈夫な「チタン製品」を生み出すべく、MADE IN TSUBAMEのアウトドア向けテーブルウェアブランド「Art tech」を牽引している。「自動化・機械化が進む中でも、伝統技術『ヘラ絞り』を活かした手作りのチタン製品を、燕市の町工場から世界に発信したいです」と意気込みを語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 Art tech
住所 新潟県燕市杣木857-2
アクセス