TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

明治35年創業の老舗製麩メーカー「宮村製麸所」。新潟県伝統の車麩やお麩スイーツがメディアに取り上げられ、全国から注目されています!

有限会社 宮村製麸所

明治35年創業の老舗「宮村製麸所」

新潟県の北部に位置する新発田市で麩を作り続ける宮村製麸所。始まりは創業者である宮村五郎七が東京や横浜で修行を積んだ後に開業した明治35年に遡る。当時は冷蔵庫が無かったこともあり、保存食としての麩は重宝され、日常的に家庭で食べられていた。中でも宮村五郎七が作る焼麩はその味が評判となり、福島県にもファンがいるほどだった。しかし、昭和に入り、欧米の食文化が広まったことでそれまでのようには麩が売れなくなってしまった。徐々に家庭で麩を食べる機会が減る中、転機となったのは関越自動車道の開通だ。関東から新潟に観光客が押し寄せ、宮村製麸所にも多くのお客さんが訪れた。車麩の試食販売を行い、新しいファンを数多く獲得することができた。車麩は小麦粉、小麦グルテン、水を混ぜ合わせ棒に巻き付けて焼き上げる新潟の伝統食品。通常は棒に巻き付けて焼く工程を3回繰り返すが、宮村製麸所ではさらにもう一回多く巻きつけて焼き付ける。これによって肉厚で噛みごたえ十分な焼麩に仕上がるのだ。これが宮村製麸所の代名詞となり、今日に至ってもなお、新潟県内から愛され続けている。

新潟のお麩をもっと気軽に楽しんでもらいたい

手作りにこだわる宮村製麸所では定番の車麩に加えて、生麩や麩を使ったスイーツも製造してきた。また、一般的な煮物料理だけでなく、炒めたり揚げたりと様々な調理方法も紹介している。そんな取り組みがテレビなどのメディアで取り上げられ、宮村製麸所の名前は全国的に知られるまでになった。現在も県外で行われている物産展に参加し、自慢の味を提案したり、インターネットを活用した通信販売を積極的に行ったりと、老舗でありながらも挑戦し続ける宮村製麸所には今後も多方面から注目が集まりそうだ。

  • 有限会社 宮村製麸所
  • 有限会社 宮村製麸所
  • 有限会社 宮村製麸所
  • 有限会社 宮村製麸所

生産者紹介

4代目社長:宮村孝
4代目社長宮村孝

新発田市出身。明治35年から続く宮村製麸所の4代目。小学生の頃から麩製造の手伝いを始め、高校卒業後は金沢市にある麩の製造メーカーで4年間修行を積んだ。その後父親が代表を務める宮村製麸所に戻り、学んできた生麩製造の技術を活かし、「麩まんじゅう」を商品化。数多くのメディアから取り上げられ、全国から注目される存在となった。現在もお客さんに喜んでもらえる商品作りを目指し、研究を重ねる生粋の職人だ。

店舗詳細

店舗名称 有限会社 宮村製麸所
住所 新潟県新発田市岡田1807-6 食品団地内
アクセス
営業時間 8:00~17:00
定休日 土日祝