「29年度新米」のページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ

新潟直送計画からのお知らせ

【2019年11月】臨時休業について

村上市山北地区の伝統野菜「山焼きの赤かぶ」を栽培する「こだわり工房 えん」。地域に受け継がれる焼畑農法にこだわり、昔ながらの味を守り続ける。

こだわり工房 えん 素敵な工房はカフェ&ギャラリーとしてあなたをお迎え♪

村上の伝統野菜を栽培する「こだわり工房 えん」

新潟県の最北端に位置する村上市。この地域では、古くから「赤かぶ」が栽培され、伝統野菜として親しまれてきた。「こだわり工房 えん」では、山を焼いて畑にする昔ながらの農法で赤かぶを栽培している。赤かぶ栽培の傍ら、ギャラリー&カフェも営んでおり、工房内にはご主人の趣味である「版画」や友人の作家が作ったという「焼物」など、心惹かれる展示が並ぶ。落ち着く空間で奥様手作りのランチやコーヒーも楽しめ、地元住民や観光客が訪れる。

地域に伝わる伝統農法「山焼きの赤かぶ」

新潟県村上市山北地区に100年以上前から伝わる「山焼き」。林業が盛んだったこの地域では、杉の伐採後の山を焼いて豊かな土壌を作り、畑として利用してきた。その過酷さと手間の多さから今では続ける人が少なくなったが、「山焼きで作る赤かぶこそ地域の特産本来の味、色鮮やかで食感が良い」と伝統の栽培方法を続ける。

収穫した赤かぶで手作りする昔ながらの味

鮮度が命の赤かぶ。収穫後はすぐに下ごしらえとしての「塩漬け」を行い、旨味を凝縮。その後は、余計なものを入れずシンプルに「酢・砂糖・焼酎」のみで味付けをしている。甘すぎず、素材本来の辛みを味わえる昔ながらの味わいだと好評だ。無添加・無着色で安全安心にも配慮している。

  • こだわり工房 えん
  • こだわり工房 えん
  • こだわり工房 えん
  • こだわり工房 えん
  • こだわり工房 えん
  • こだわり工房 えん

生産者紹介

代表:板垣京子
代表板垣京子

胎内市(旧中条町)生まれ。地元の高校を卒業後、看護学校へ進学。卒業後は35年間看護師として働いた。村上市山北地区へはご主人との結婚を機に移り住み、そこで初めて山焼きと出会った。暑い夏、寒い冬の屋外での作業に当初は戸惑いもあったが、汗水たらして栽培した赤かぶには愛着がある。「今後も伝統の山焼きが途絶えることのないよう、受け継ぐ人が出てきてほしい。待っていてくれる人に山焼きの赤かぶを届け続けたい」と語る。

店舗詳細

店舗名称 こだわり工房 えん
住所 新潟県村上市府屋40番地3
アクセス