新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」12月のプレゼント

「東京築地」や「かっぱ橋」の有名専門店に、燕市の優れた包丁を卸す「新潟刃物」の一般向けブランド。プロ御用達の高品質な包丁を手掛ける。

一刃鍛 刃物本舗 燕唯一の業務用刃物問屋

燕三条屈指の包丁専門家が創業した卸問屋

「一刃鍛 刃物本舗」は、燕市の「有限会社新潟刃物」が展開する、高品質な包丁の一般向けブランドだ。新潟刃物は、燕市で作られた包丁を全国へ流通している刃物問屋。業務用刃物の専門店への販売にのみではなく、有名専門店を始めとする「OEM製品の企画」や、「包丁の研ぎ直しや修理」などのアフターサービスを請け負う燕唯一の業務用刃物問屋だ。栄さんの父、創業者の長谷川松栄さんは、今でも包丁の営業マンとして活躍。多くの良品を目利きする中で、「燕三条屈指の包丁専門家」として有名になった。その深い知見は、なんと包丁メーカーが、意見を伺いに訪れることもあるほどだ。新潟刃物が販売する包丁は、すべて長谷川さんが厳選した良品ばかり。その評価は高く、「東京築地」や「かっぱ橋」にある有名な刃物専門店との取引も多い。

包丁のプロが素材からこだわった「一刃鍛シリーズ」

有限会社新潟刃物は、自社商品として「一刃鍛シリーズ」を展開。「切れ味の良さ」と「サビにくさ」の追求がコンセプトだ。主力商品となっているのが、「一刃鍛 焼栗柄」と「一刃鍛 黒合板ハンドル」。代表の長谷川さんが、燕市内の包丁メーカーとともに、鋼材から選定したこだわりの一品だ。「一刃鍛 焼栗柄」は、「V銀鋼」という鋼・ステンレスの中間の鋼材を使用。「一刃鍛 黒合板ハンドル」は、「VG-10」という鋼をステンレスで挟んだ鋼材を使用。それぞれ、鋼の切れ味の良さと、ステンレスのサビにくさ・折れにくさを備え、飲食店や食品加工業者から大好評。包丁問屋・包丁メーカーの二人三脚だからこそ生まれた一品だ。

  • 一刃鍛 刃物本舗
  • 一刃鍛 刃物本舗
  • 一刃鍛 刃物本舗
  • 一刃鍛 刃物本舗

生産者紹介

一刃鍛 刃物本舗 代表:長谷川 栄
一刃鍛 刃物本舗 代表長谷川 栄

燕市出身。大学卒業後、包丁以外の業界を3年間経験。父が営む「有限会社新潟刃物」に入社。営業をはじめ、業務全般に携わってきた。特に営業では、日本全国の市場を回り、包丁の卸を行ってきた。さらに、自身の市場回りの経験を生かし、本物志向の一般向けブランド「一刃鍛 刃物本舗」の立ち上げを企画。メーカーとの協同企画で高品質な製品を手掛けている。立ち上げの背景には「一般のお客様にも、高品質な包丁を伝えていきたい」という想いがあったという。「今後も、価格競争の多いネット通販の中で、間違いのない包丁選びをしていただきたい」と強く意気込む。

店舗詳細

店舗名称 一刃鍛 刃物本舗
住所 新潟県燕市杣木3446-2
アクセス