新潟直送計画からのお知らせ

重要:土曜定休化および営業時間変更のお知らせ

桜から抽出した天然成分を使った化粧品や、うどん、アイスクリームなどが人気。桜の名所・五泉市の「桜」をまるごと味わい楽しめる。

ごせん桜アロマ工房 桜の名所・村松公園のほど近くに工房を構える

花のまち五泉の憩いの場

五泉市の八重桜から抽出した天然成分を使った化粧品や食品の商品開発と販売を行っている「ごせん桜アロマ工房」。日本さくら名所100選にも選ばれた桜の名所、村松公園のそばに2018年4月にオープンした。五泉市は花の街として知られ、春になると水芭蕉から桜、チューリップ、牡丹の順に「五泉四華」と呼ばれる花たちが咲き誇る。中でも日本の象徴である桜に注目し、季節を問わず桜を楽しめる商品を作りたいという想いから研究を重ねる中、低温真空抽出という方法で、天然の桜の香り成分を取り出すことに成功。桜を活用する商品の開発や販売が行われ、桜の自然な香りを感じる商品が好評だ。店頭では、旬の話題やイベント情報なども発信し、観光案内を行っている。コーヒーやアイスクリームも販売されていて、観光客や地元住民の憩いの場となっている。

五泉の花・桜をまるごと活かす

桜を使った主な商品は、うどん・アイスクリーム・保湿ミスト・スキンクリーム・香り袋など、食べて楽しむものから肌につけて効果を感じるものまで様々。桜自体は香りの抽出が難しく、桜の香りと謳っているものの中には人工的に合成した香りも多い。ごせん桜アロマ工房では、五泉の八重桜から抽出した天然の香りを使用している。低温真空抽出機という装置を使い、天然の香りエキスを抽出。珍しい自然な桜の香りは、日本人なら誰しも懐かしさや安らぎを感じる。抽出したエキスはアイスクリームや化粧品に、エキスを取った後の花びらや葉は、うどん生地などに使用。五泉の花・桜を余すことなく使った、桜を活かす商品開発を行っている。

  • ごせん桜アロマ工房
  • ごせん桜アロマ工房
  • ごせん桜アロマ工房
  • ごせん桜アロマ工房

生産者紹介

統括責任者:小野加奈子
統括責任者小野加奈子

新潟市秋葉区出身。高校卒業後、地元企業で事務職に携わる。出産を期に五泉市へ移り、2015年から観光案内所に勤務。2017年に一般社団法人五泉市観光協会が設立され、翌年4月にオープンした「ごせん桜アロマ工房」の指定管理者となる。商品の開発や販売のほか、市内でのイベントや首都圏で行われる特産品販売イベントの運営業務など、現在携わる業務は多岐に渡る。桜の天然成分を使った商品を、地域特産として作りたかったと語る小野さん。「主婦にも出来るかな?」と携わり始めた勤務先だが、現在は大きなやりがいを感じている。

店舗詳細

店舗名称 ごせん桜アロマ工房
住所 新潟県五泉市愛宕2712-1
アクセス
定休日 月曜