「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

織物の町五泉市で、高品質なシルク製品を製造する「石川シルク」。独自の加工技術で「洗えるシルク」を実現し、家庭でお手入れ可能な洋服を提供する。

石川シルク 洗えるシルク生地を使った衣料品を製造する石川シルク

水資源豊かな五泉市で白生地作りから始まった「石川シルク」

「石川シルク」は、1907年(明治40年)に和装用の白生地織物業として創業した。五泉市は、地下水や湧き水に恵まれて豊かな水資源があり、古くから織物業が盛んで、かつては30軒以上の機屋(はたや)が軒を連ねたという。「石川シルク」の白生地は、地厚でしっかりとしている上に、反物として染める際にはきれいに染まると評判で、その技術には絶対的な自信がある。しかし、和装離れが進む時代の流れとともに、1983年に洋装へと参入することを決めた。その後は、シルク素材の肌着やTシャツなどを手掛ける他、和服を洋服へとリメイクして販売するなど新たな取組みを始めている。

シルクなのに洗える!しっかりとした生地感で最高の着心地

シルクは通気性と保温性に優れ、年間を通じて心地よく身に纏える優秀な素材である反面、とてもデリケートで、一般的には自宅での洗濯が難しい素材。しかし、石川シルクでは、独自の加工により自宅での洗濯が可能なシルク生地を生み出した。詳しい方法は企業秘密だが、シルク繊維を洗っても擦れや縮みがでないように加工し、縫製しているという。この技術により、日常的に使用する肌着やTシャツなどとしてもシルク製品を提供できるようになった。

  • 石川シルク
  • 石川シルク
  • 石川シルク
  • 石川シルク

生産者紹介

代表:石川義文
代表石川義文

五泉市出身。県内の高校を卒業後、東京の大学に進学する。卒業後は、十日町の職業訓練校にて織物を学んだのち、十日町の織物会社で2年間修行。1973年に実家に戻り、石川シルクの前身である石川機業にて織物業に携わる。1983年には、織物に加えて洋装事業に参入し、シルク素材を使用したインナーの製造をスタート。2000年に、有限会社石川シルクを設立したのを機に代表に就任した。今後は、高品質なシルク素材を使った商品を全国に向けて発信し、シルクの魅力を広めたいと目標を語る。

店舗詳細

店舗名称 石川シルク
住所 新潟県五泉市郷屋川2-6-42
アクセス