新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」7月のプレゼント

果樹栽培が盛んな加茂市にて、和梨とル・レクチェを生産する農家。信濃川の恩恵を受けて育った梨は、どれも水分たっぷりでジューシー。濃厚な甘みが人気を集めている。

梨工房みつば会 チームワークを発揮した美味しい梨作り

大地の恵みを活かした梨栽培

新潟県の中央部に位置する加茂市は、豊富な水資源と肥沃な土壌に恵まれた地域。梨工房みつば会は、そんな果樹栽培に適した環境で和梨と洋梨を育てる農家だ。雄大な信濃川からもたらされる清らかな水をたっぷり吸収した果実は、どれもみずみずしい。同会は、1994年、代表の関川寛さんを含む従兄弟3人で立ち上げた。それぞれが米と梨の農家を営む中、販路拡大と収量確保のため手を取り合ったという。手がける梨は、地元のみならず関東圏のスーパーにも並んでいる。「甘くてジューシー」「また食べたくなる美味しさ」と、好評だ。関川さんは、「『美味しい』の声を励みに、会のメンバー全員が毎日汗を流しています」と、笑顔を見せた。

自家製のもみ殻堆肥を活用

梨工房みつば会の関川さんは、「美味しい果実を実らせるためには、樹の健康を保つことですね」と、語っていた。そこで、活用しているのが自家製の「もみ殻堆肥」。自然発酵させたものを土壌にすき込むことで、梨栽培に最適な水はけの良い土質に変わるそうだ。また、微生物が有機物を分解するため、土がやわらかくなるのもポイント。根が地中深くまで伸び、栄養分をたくさん吸収することができる。

洋梨の貴婦人「ル・レクチェ」

加茂市といえば、県内屈指のル・レクチェの産地としても知られている。洋梨のル・レクチェは、とろけるような果肉と気品漂う芳醇な香りが魅力。それゆえ、「洋梨の貴婦人」と称えられている品種だ。栽培が難しいため、希少価値がとても高い。梨工房みつば会もル・レクチェの生産農家の一つ。代表の関川さんは、「ほかの梨に比べて、とても繊細。じくが弱いので、風が吹くと落ちてしまうんです。台風なんてもってのほか。日々、大切に守ってあげる必要があるんですよね」と、管理の大変さについて語っている。

  • 梨工房みつば会
  • 梨工房みつば会
  • 梨工房みつば会
  • 梨工房みつば会

生産者紹介

生産者:関川隼人
生産者関川隼人

加茂市出身。梨工房みつば会の代表・関川寛さんの長男として生まれる。農業大学卒業後、建設会社に就職。3年間、重機の扱いや測量について学んだ。「建設業界を経験したのは、農業の道を目指すからこそです。暴風ネットを張ったり、水路を作ったり、農業に役立つ技術が身につきました」と、振り返る。就農したのは、26歳の頃。以来、自身も梨工房みつば会のメンバーとして、日々、果樹栽培に向き合っている。「ル・レクチェは新潟の特産品として有名ですが、まだまだ認知度は低いと思います。若手が率先して、全国に広めていきたいですね」と、意気込んだ。

店舗詳細

店舗名称 梨工房みつば会
住所 新潟県加茂市鵜森甲1122