新潟直送計画からのお知らせ

大雪にともなう荷物のお届け遅延について(1月24日)

三条市にある全国でも数少ないマドレーヌの専門店。こだわりの小麦粉や新潟県産卵など、厳選した素材を使った手作りのマドレーヌが、地元客を中心に親しまれている。

マギーア マドレーヌ ピンクの壁とマドレーヌの看板が目を引く外観

上質な素材にこだわる「マドレーヌ専門店」

三条市のマギーア マドレーヌは、2018年にオープンした全国でも数少ない「マドレーヌ専門店」。店内は小麦やバターの香りに包まれ、上品な雰囲気が漂う。こだわりの小麦粉や新潟県産卵など、厳選した素材を使った手作りのマドレーヌが、地元客を中心に親しまれている。ショーケースの中には、プレーンやショコラ、レモンなどバラエティ豊かなフレーバーが並ぶ。「プレミアムバニラ」は、フランス産の無塩バター、マダガスカル産のバニラビーンズを使い、最高級のラム酒でコーティングした、同店の看板商品。「専門店だからこそ、一般的な洋菓子店よりも製造や販売のコストがかからないところが強みです」と語るのは、代表の稲村隆行さん。製造や販売コストを抑えられる分、上質な素材にこだわり、美味しいマドレーヌを追求している。

エンジニアから洋菓子職人の道へ

マギーア マドレーヌの代表・稲村さんは、もともと新潟県内の製造メーカーで機械設計のエンジニアとして働いていた。エンジニアの仕事も好きだったが、30歳の時に「起業したい、いろいろなことに挑戦してみたい」と、思い切って退職。インターネットでスイーツを販売しようと構想を練った。それまでお菓子を作ったことはほとんどなかったが、県内で焼き菓子の美味しい店をリサーチし、飛び入りで修行を始めたという。菓子作りを学びながら、ネットショップを開設し、焼き菓子を販売。そんな中、売れ行きが好調だったマドレーヌに着目し、2018年に「マギーア マドレーヌ」をオープンした。今後は県産の米粉を使ったマドレーヌの販売に力を入れていきたいという。「マドレーヌに米粉や県産食材を使うことで、地域や新潟県を盛り上げていきたいですね」と力を込めた。

  • マギーア マドレーヌ
  • マギーア マドレーヌ
  • マギーア マドレーヌ
  • マギーア マドレーヌ

生産者紹介

代表:稲村隆行
代表稲村隆行

新潟市西蒲区出身。新潟大学卒業後、県内の製造メーカーでエンジニアとして8年間勤務していた。もともと起業したいという志があり、30歳の時に「新しいことに挑戦したい」と、思い切って退職。洋菓子店での修行を経て、マギーアマドレーヌを開業した。独立したことで、起業の相談を受けるなど、人との出会いが広がり、「毎日わくわくしています」と、笑顔で話す。2022年には燕市内に副業・創業者を支援するコワーキングスペースをオープンし、地域活性化への貢献にも意欲的だ。「若い人にチャレンジしてもらいたいです。その方がもっと楽しくなると思うんです」。稲村さんの思いと行動が、地域を盛り上げていく。

店舗詳細

店舗名称 マギーア マドレーヌ
住所 新潟県三条市上保内乙313-3