新潟直送計画からのお知らせ

重要:土曜定休化および営業時間変更のお知らせ

家具職人の兄とデザイナーの妹が二人で紡ぐブランド「twig(トゥイッグ)」。自然の素材と新潟らしさにこだわり、気軽に香りを楽しめるアイテムを取り扱う。

twig(トゥイッグ) デザインと「素材の力」で生活の中に取り入れやすいアロマを提案

兄妹が生み出すアロマグッズ

家具職人の兄とデザイナーの妹がタッグを組み、それぞれの得意分野をコラボレーションして作るブランド「twig(トゥイッグ)」。商品は企画から製造・販売まで全て二人で行っている。商品開発の前提は、何度も繰り返し使えること。アロマグッズは使い捨ての商品が多く、香りがなくなれば使えなくなってしまうもの。そんな中「twig」では、香りが弱まってしまっても、詰め替えたり、芳香液を買い足したり自分の好きな香りを作って足すことで、長く使ってもらえるものづくりを目指している。香りをいつも暮らしに取り入れられる手軽さと、インテリアとしての美しさを兼ね備えたデザインがコンセプトだ。

自然由来の香りに包まれる

香りを楽しむ商品は巷に溢れているが、そのほとんどは石油由来や合成香料のものだ。しかし「twig」の商品は、すべて天然・自然由来。人工的な香りと違い、天然の香りは長く香りに包まれていても匂いに疲れず、リラックスできるのが特徴。材料には国産のヒノキや五泉市のヒバを使用。これらの樹木は昔から神社仏閣の建築や温泉旅館の浴槽などにも使用されている、日本人に馴染みのある素材だ。木の香りはどこか懐かしく、心がほぐれる。樹木そのものの香りと、天然素材から抽出した精油。自然の香りをインテリアとして空間に取り入れ、リラックスできる時間を届けたいと畑山さん兄妹は語る。

  • twig(トゥイッグ)
  • twig(トゥイッグ)
  • twig(トゥイッグ)
  • twig(トゥイッグ)

生産者紹介

作り手:畑山 駿
作り手畑山 駿

新潟市東区出身。新潟工業高校で建築について学ぶ。図面の作成やPCの前での作業よりも、自分の手を動かして物を生み出したいと考え、高校卒業後、家具の三大産地の一つである岐阜県飛騨高山にて家具職人としての修行の道を選ぶ。8年間の修行後、2017年に新潟に帰郷。父が経営する建築会社の一部門でオーダー家具の製造を開始。また、飛騨高山の勤務先で、家具として使用しない枝や間伐材から精油を抽出していたこと、アロマに詳しい友人の影響もあり、香りに関する資格も取得した。現在は、プロダクトデザイナーの妹とともに、アロマグッズなどの企画・製造にも取り組んでいる。

店舗詳細

店舗名称 twig(トゥイッグ)
住所 新潟県新潟市東区向陽2-10-12
アクセス