• 「越後姫」の商品ページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2018年度大型連休期間での営業スケジュールについて

創業70年の仏壇製造技術を活かし、木のぬくもり溢れる雑貨を展開する「KOUGI(こうぎ)」。素材の風合いと実用性を兼ね備えたこだわりの商品を通し、木と人・人と人を繋いでいく。

KOUGI 木の手しごとで生み出す、伝統とあたらしい夢

受け継がれる職人の技術と思い

昭和23年創業、半世紀以上に渡り仏壇づくりを手掛ける阿部仏壇製作所。創業当時は、仏壇の基礎を担う木地屋であった。しかし、近年では安価な海外製の仏壇が国内のシェアを大きく占め、さらに流通自体が縮小したことで、仏壇を取り巻く環境は目まぐるしく変化。このような時流の中で、阿部仏壇製作所では貴重な職人の技術を守り、お客様の思いにさらに寄り添った提案を行うために、製造から販売までを行う一貫体制へと移行する。純国産にこだわった仏壇は、何代にも渡って末永く使えるように全て職人の手仕事で仕上げ、細部まで一切手を抜かない。また、それまでの事業と並行し、お客様の要望に応えて家具や企業の看板など木材を使用した幅広いものづくりを手掛けるようになった。世界にたったひとつのオーダーメイド品からは、大量生産で作られた製品にはないあたたかみが感じられる。

木製雑貨ブランド「KOUGI」

2011年、同社は木製雑貨ブランドを立ち上げた。仏壇づくりで磨かれた、職人の確かな技が強みだ。ブランドの名前は、職人気質だった先代の名「孝(たかし)」と恩義の「義」の字を取って「KOUGI(こうぎ)」と命名。"毎日使って手になじむもの。木のやさしさを日常に添えるもの。"という基本理念に則ったものづくりが行われている。結婚祝いや新築祝いとして人気のある箸置きは、メープル、チェリー、オーク、チーク、ウォルナットの5種類の天然木を使用しており、木材本来の色や模様を活かして作られているのが特徴だ。なめらかな曲線は職人の手仕事によって生み出され、優しい質感は毎日使う程に深みを増す。また、専用のストッカーが付いていることで片付けもしやすく、インテリアとしてもテーブルウェアに馴染みやすい。このシンプルで実用的なデザインは、流行に捉われず、飽きることなくいつまでも使い続けることが出来る。いずれも職人の手によって生み出される質の高い製品で、素材本来の風合いが楽しめる仕上がりだ。

ものづくりを通して木の魅力を伝えていく

KOUGIでは、木と触れ合う体験を通してものづくりの楽しさや、ものを大切にする心を育む「木育」の活動にも積極的に取り組んでいる。3代目の奥さんである香那子さんは、日本グッド・トイ委員会認定の木育インストラクターの資格を取得。店舗のショールームや小学校、老人ホームにてワークショップを開催し、木のぬくもりや大切さを伝えている。今後も人に寄り添う「ものづくり」の可能性を追求し、時代や消費者のニーズに合わせた商品開発を行うKOUGIから目が離せない。

  • KOUGI
  • KOUGI
  • KOUGI
  • KOUGI
  • KOUGI
  • KOUGI

生産者紹介

3代目:吉田達洋
3代目吉田達洋

新潟市出身。高校を卒業後は長岡造形大学へ進学し、DTPデザイナーとして就職。二代目である父・孝さんが病に倒れたことがきっかけで、仏壇づくりへの熱い思いを継いで木地師の道へと進む。父の他界後は、二代目と長らく仕事を共にしてきた熟練職人から技術を学んでいるが、まだまだ勉強することが多いという。オーダーメイドの仏壇づくりにおいて、お客様の真の思いを汲み取り理想をカタチにすることは非常に難しいが、お客様の一生に寄り添えることや喜んでもらうことが何よりもやりがいだと笑顔で語ってくれた。これからも仏壇づくりで培った技術を地域のものづくりに還元するべく、木のぬくもり溢れる商品を通して、挑戦を続けていく。

店舗詳細

店舗名称 KOUGI
住所 新潟県新潟市東区木工新町372-10
アクセス