TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

雪国初!村上市で南国果実を栽培するフルーツ園。村上の海を一望できるロケーションや、自社栽培の南国フルーツと村上の食材を使った地産地消のジェラートが大人気!

瀬波南国フルーツ園 2010年にオープンした南国フルーツ園

環境に優しい南国果実の栽培「瀬波南国フルーツ園」

新潟県の村上市瀬波温泉に位置し、パッションフルーツをメインとした十数種類以上の南国果実を栽培する雪国初のフルーツ園。瀬波南国フルーツ園のパッションフルーツはプロも認める品質の高さで、都内高級果物店や日本を代表する老舗料亭など、全国の様々なお店で取り扱われている。そんな瀬波南国フルーツ園の注目するべきポイントは、食品リサイクルによって温熱と肥料を創出できる"バイオマスエネルギー"の導入だ。地元の温泉旅館などから出される食品残さをメタン発酵させてバイオガスを作り出し、発電を行なう。メタン発酵する過程で発生する副産物は液肥・堆肥として農地に還元。さらに、メタン発酵処理に得られる温熱は温水に変えて温室ハウスの加温設備に活用している。これにより、今まで消費していたエネルギーコストを限りなくゼロに抑制ができると共に、CO2などの温室効果ガスの発生も抑制できる。このような事業は日本全国で初めての試みであり、環境に優しいエコロジー事業として全国から年間1,000人もの産業視察者が訪れるほど、注目を集めている。

南国果実と地産地消の人気ジェラート

毎年夏場になると海水浴客をはじめとするたくさんの人が瀬波南国フルーツ園に訪れる。目的は南国果実とフルーツ園が作るジェラートだ。村上の海が一望でいるロケーションも人気の理由で、海を眺めながらジェラートが楽しめる。自社で栽培されたパッションフルーツなどの南国ジェラートや、地元村上の"笹川流れの塩"を使った地産地消ジェラートなど、香料・着色料を一切使用しない素材そのものの味が人気を呼んでいる。

常に新しい物を作り続ける「瀬波南国フルーツ園」。今後は県内一のパッションフルーツ栽培を目指し、OEMジェラートの製造や自社のフレーバーを進化させオリジナルの美味しさを全国に提供していく。

  • 瀬波南国フルーツ園
  • 瀬波南国フルーツ園
  • 瀬波南国フルーツ園
  • 瀬波南国フルーツ園
  • 瀬波南国フルーツ園
  • 瀬波南国フルーツ園

生産者紹介

園長:中村竜也
園長中村竜也

新潟県村上市(旧神林村)出身。農業高校を卒業後、新潟デザイン専門学校にてグラフィックデザインを専攻。専門大学を卒業後、グラフィックデザイナーとして8年間務める。その後、2009年に地元に本社がある株式会社開成に入社。6次産業である食品加工をメインとし、自社栽培のフルーツを使用したジェラートなどの製造から販売までを行っている。入社してからジェラート作りを学んだため、自らの足で様々な場所へ研究をしに行く。それぞれの食材に見合った配分のバランスがジェラート作りのこだわり。また、自身で作ったジェラートをお客様が食べて喜ぶ顔を見るのがやりがいであると語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 瀬波南国フルーツ園
住所 新潟県村上市瀬波温泉1丁目1175-42
アクセス