新潟直送計画からのお知らせ

2022年度夏季連休期間の営業スケジュールについて

おはぎと洋菓子を掛け合わせて開発した、進化系和菓子「萬代餡」の専門店。可愛らしい見た目には、新潟の味や伝統的な技術が凝縮。新しい形で新潟の魅力を発信している。

新潟餡果子 萬代庵 モダンな雰囲気が漂う店舗

伝統とモダンが融合した和菓子店

JR新潟駅万代口から中心部へ向かって歩いてほどなくすると、モダンな外観の店舗が目に入る。「新潟餡果子 萬代庵(ばんだいあん)」は2021年8月にオープンした和菓子店。ガラス張りの店舗は、老舗和菓子店の風格がありながらも、モダンな雰囲気が漂い、通行人を引き付ける。看板商品は、おはぎをイメージして作った「萬代餡」。旬のフルーツをおはぎで包み、ナッツなどが加わる。伝統的な和菓子に、洋菓子のエッセンスを取り入れた、おはぎの進化系とも呼べるお菓子だ。新潟の名物ぽっぽ焼きを洋風にアレンジした「萬代庵フィナンシェ」も人気が高い。2022年4月には、万代シティバスセンタービル2階に姉妹店「THE MATCHA CAFE 萬代庵」をオープン。5月には、新潟駅構内の「CoCoLo新潟 本館」内にも出店した。新潟市を象徴する「萬代橋」のように、新潟を代表する和菓子を目指している。

「萬代餡」を新潟の新たな名物に

萬代庵が手掛ける進化系おはぎ「萬代餡」。店舗では「こしあん×ピスタチオ×いちご」「白あん×ココナッツ×メロン」など季節ごとに異なる様々な種類の萬代餡が並ぶ。丸くて可愛らしい見た目には、新潟らしさが凝縮している。ベースとなる餅は新潟のブランド米「新之助」を配合。餅を包むつぶあんや白あんは、地元の老舗和菓子店がじっくりと炊き上げたオリジナル餡を使用している。中心には、目利きの仲買人が厳選した旬のフルーツが使われる。マスカルポーネチーズやナッツ、チョコレートなど洋菓子のエッセンスが融合したことで、懐かしく優しい甘さと、新鮮でみずみずしい食感に仕上り、今までにない唯一無二の和菓子になっている。新潟を代表する新たな名物を目指す「萬代餡」。今後、さらなるアレンジが加わり、進化していくだろう。

  • 新潟餡果子 萬代庵
  • 新潟餡果子 萬代庵
  • 新潟餡果子 萬代庵
  • 新潟餡果子 萬代庵

生産者紹介

製造責任者:瀬藤瑠果
製造責任者瀬藤瑠果

新潟市出身。高校卒業後は家電量販店で働いていたが、19歳の時、「憧れていた」という和菓子の世界へ飛び込んだ。和菓子作りを基礎から学び、萬代庵には開業スタッフとして携わった。現在は店舗で商品の製造を任されている。見た目の美しさが特長の萬代餡。「キレイな形になるように、一つ一つ丁寧に作るのがこだわりです」と語る。季節のフルーツとの組み合わせを考え、新作の開発にも精力的だ。「お客様の好みに合わせたり、アイデアを聞いてみたりしたい。新しいお菓子だから、もっと多くの人に知ってもらいたいです」と目を輝かせながら話した。

店舗詳細

店舗名称 新潟餡果子 萬代庵
住所 新潟県新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ 1F