新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」2月のプレゼント

「新発田総鎮守諏訪神社」の境内に店を構える料亭。旬を迎える地元食材をふんだんに使った、四季折々の料理を提供してくれる名店として人気を集めている。

神前料理 豊谷殿 境内を進むと現れる風情ある料亭

地元産の旬な食材を味わえると人気

長野県の諏訪大社を御本社とする「新発田総鎮守諏訪神社」は、JR新発田駅から徒歩3分ほどの市街地にある。市民からは「お諏訪様」と親しまれており、七五三やお宮参りなどの行事で広く利用される。この諏訪神社の境内に店舗を持つ日本料亭が、今回紹介する「神前料理 豊谷殿」だ。神前式・披露宴・法事・慶事など、人生における大切な日に寄り添った料理を提供している料亭である。使用する食材は、どれも地元産の新鮮なものばかり。銘米「コシヒカリ」をはじめ、飯豊連峰・二王子岳・日本海に囲まれた自然豊かな新発田市にて育まれた、四季折々の旬菜・旬魚はまさに絶品だ。

料亭の味を自宅で気軽に楽しめる

近年、豊谷殿は、テイクアウトできる「弁当」や、長期保存できる真空パックの「惣菜」など、新しい商品の開発にも力を入れている。自宅にいながら気軽に料亭の味を楽しめるとあって、地元民を中心に好評だ。中でも「鮭の味噌漬け」は、新発田市産コシヒカリを100%使ったの「米味噌」に、鮭を漬け込んだ人気商品。そのほか、近所の「市島酒造」から仕入れた大吟醸の酒粕を使った「鮭の粕漬け」や、新潟県で飼育されるブランド豚「越後もちぶた」の味噌漬けなど、地元の魅力をふんだんに盛り込んだ商品が魅力。県外の方へのお土産品としてもおすすめだ。

  • 神前料理 豊谷殿
  • 神前料理 豊谷殿
  • 神前料理 豊谷殿
  • 神前料理 豊谷殿

生産者紹介

代表:市野瀬龍一
代表市野瀬龍一

新発田市出身。都内の料亭で経験を積んだ後、1996年に地元へ戻り、「豊谷殿」に入社。その後、2005年に代表取締役に就任した。料理人歴30年以上という豊富な経験を持ちながらも、時代のニーズに対応できるように、フードショーに足を運んだり、他店の視察を積極的に行っている。「お宮参りや七五三など、人生のさまざまな思い出を重ねられる神社で、その思い出のひとつとなるような印象的な料理を提供していきたいです」と語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 神前料理 豊谷殿
住所 新潟県新発田市諏訪町1-8-10
アクセス