5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2020年度夏季長期休業期間について

新潟市中央区にある有限会社高田屋は、新潟名物の笹団子や醤油おこわなどを手掛ける老舗餅菓子店。昔ながらの和菓子と新商品をバランス良く品揃えしている。

有限会社高田屋 毎朝まごころを込めて手作りし、作りたてをご提供

60年以上続く老舗「高田屋」のこだわり

昭和初期に創業し、1959年に設立された「有限会社高田屋」は、笹団子や串団子・大福、醤油おこわなどの餅菓子を手掛ける老舗。毎日出来たての味を手作りで提供している。看板商品である「笹団子」は、古くから新潟県内で家庭の味として親しまれてきた和菓子だが、1964年の新潟国体をきっかけに「新潟みやげ」として注目を集めるようになり、様々な和菓子店で商品化されるようになった。中でも「高田屋」のこだわりは、餡を包む団子の「食感」。季節やその日その日の気候によって出来上がりが変わるため、湿度や気温を肌で感じながら、配合するもち粉と上新粉の割合を調整するのだ。そして、ふっくら炊き上げた北海道十勝産特選小豆の餡を包み、香り高い笹で巻いた笹団子はまさに「こだわりの詰まった逸品」に。誰からも愛される「みやげ物」として市民から愛され続けてきた。

高田屋の名物5つの味の笹団子

一般的な笹団子と言えば、思い浮かぶのは「粒あん」「こしあん」。しかし、高田屋では、定番の味に加えて、越後姫を練り込んだ「いちごあん」と黒埼茶豆を練り込んだ「枝豆あん」、更に紅はるかを使用した「さつまいもあん」と、オリジナルの味を提供している。新潟名物として誰もが口にしたことがある笹団子に、新潟名物を使用した新たな味を加えた笹団子は、若い人や子供たちを中心に人気の商品だ。

  • 有限会社高田屋
  • 有限会社高田屋
  • 有限会社高田屋
  • 有限会社高田屋

生産者紹介

三代目:高田淳
三代目高田淳

新潟市中央区生まれ。高校卒業後から笹団子・餅菓子専門店である「高田屋」を手伝い、この道30年以上。高田屋の三代目として、笹とヨモギの香りが自慢の笹団子や醤油おこわなど「老舗の味」を守り続けてきた。長年、新潟駅を中心に地域のお客さんや、東京などへの土産物として買い求めるお客さんから愛されてきた高田屋の商品を、今後はインターネット販売にも取組み、全国のより多くの人に届けたいと意気込む。

店舗詳細

店舗名称 有限会社高田屋
住所 新潟県新潟市中央区花園2-1-32
アクセス