TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

新潟県内の飲食店や小売店を支える明治22年創業の老舗海鮮問屋「見田元七(みたもとしち)商店」。家庭で気軽に楽しめる加工品の開発にも積極的に取り組んでいます。

株式会社 見田元七商店

地元新潟を支える老舗海鮮問屋

明治22年の創業以来、問屋として新潟県内の高級料亭などの飲食店や小売店に新鮮な水産物を届けている「見田元七(みたもとしち)商店」。卸先からのニーズは年々多様化しているが、これまでの長い歴史の中で構築されたルートから質の高い商品を仕入れている。良質な魚介類を安定した量と価格で仕入れるためには、市場全体の流れを読むことが必要。特に鮮魚は天候の影響を受けやすいため、経験が無ければ商品を仕入れることもできない。高品質な水産物を安定供給できているのは、130年以上の歴史がある見田元七商店だからこそ。
新潟の会社として、地元新潟産の水産物の扱いも豊富だ。ベテランの目利きで脂のノリの良い魚介類を販売している。県外への販売実績もあるが、見田元七商店が重要視しているのは地産地消。地元で豊富な水産物が捕れているのに、その美味しさを知らずに輸入品を食べている現状を変えたいと考えている。

魚介類をもっと気軽に楽しんでもらうために自社商品を開発

長きにわたって新潟の飲食店や水産物販売店を支えている見田元七商店だが、時代に合わせて変化し続けてきた企業でもある。自社商品の開発もその一。年々魚を食べる人が減少している中、もっと気軽に楽しんでもらいたいとの考えから、解凍するだけや簡単な調理だけで食べられる商品も発売。調理が手軽なのに美味しいと評判で、この自社商品を提供したいという居酒屋も増えている。実際に食べたお客さんからはその後、電話やインターネットで注文が寄せられ、これまでなかなか表に出ることがなかった問屋の見田元七商店の名前が徐々に一般の人にも知らるようになっている。今後も新鮮な水産物の安定供給、魚介類を楽しんでもらうための商品開発を行っていく。

  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店
  • 株式会社 見田元七商店

生産者紹介

加工部長:見田純平
加工部長見田純平

新潟市江南区(旧亀田町)出身。高校卒業後、東京の大学で経済学を専攻。大学卒業後は新潟に戻り、食品メーカーで5年間営業として勤務。その後、従兄弟が社長を務める見田元七商店に入社し、鮮魚の仕入れや加工、自社商品の通信販売まで幅広く経験してきた。魚を食べる機会が減っている現代で、気軽に食べられる商品の開発や家族団欒の食卓を彩る商品をお客さんに提供していきたいと考えている。

店舗詳細

店舗名称 株式会社 見田元七商店
住所 新潟県新潟市江南区西町3-3-37
アクセス
営業時間 9:00~16:00
定休日 日・祝(その他不定休あり)