TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

【お詫び】メールサーバーの不具合のお知らせ

新潟県民のソウル・フード鶏の半身唐揚げの元祖「せきとり」。昭和の時代より地元で愛され、数多くのメディアにも取り上げられている有名店。

せきとり 鶏の半身唐揚げ(カレー味)が大人気!

半身から揚げの元祖

「鶏の半身揚げ」と言えば、新潟名物の大定番。新潟県民のソウル・フードとして、長年県民から愛され続けている。唐揚げといえば、一口大の鶏モモ肉を醤油に漬けて揚げたものが一般的だが、鶏の半身揚げは、ボリューム満点の鶏の半身をカレー粉と塩でシンプルに味付けし、豪快に丸揚げしたもの。表面は香ばしく揚げられ、中はしっとりやわらかいジューシー。カレーの風味が脂とうまく調和しており、決してしつこくなく、何本でも食べたくなるさっぱりとした味わいがやみつきになる。そんな半身揚げの元祖として知られているのが新潟市中央区の「せきとり」。昭和の時代より地元で愛され、数多くのメディアにも取り上げられている有名店だ。

新潟県民のソウルフードとして根強い人気を誇る

今では多くのお店が新潟の名物として出している鶏の半身揚げ。その中でもせきとりは半身揚げの元祖として一線を画しており、根強いファンが多い。元々は先祖が養鶏場を営んでいたというせきとり。先代が鶏肉を使った屋台を始め、そこで提供していた半身揚げにカレー粉をかけて提供したところ、この味が瞬く間に評判を呼んだ。地元の枠を超えて次第に新潟県民のソウルフードとして定着。その後、新潟市中央区に店を構えた。現在では2店舗を構え、特にクリスマスの季節になると店の席を取ることが難しく、またお持ち帰り目当てのお客様で列ができるほど。未だに根強い人気を博している。

  • せきとり
  • せきとり
  • せきとり
  • せきとり
  • せきとり
  • せきとり

生産者紹介

関 雅仁さん
関 雅仁さん

学生の時分からアルバイトとして、せきとりで働いていた関雅仁さん。せきとりの長男として後を継ぐことを決めている。そのきっかけとなったのが祖母が亡くなったタイミングだという。祖父が作り上げ、代々守ってきた元祖半身揚げの味。新しいものを生み出すことよりも、実は変わらないことの方が難しく、この変わらない味を求めて足を運んでくれるお客様のため、自分もしっかりとせきとりの味を次の世代に繋いでいきたいと力強く話す。

店舗詳細

店舗名称 せきとり
住所 新潟県新潟市中央区窪田町3丁目199番地
アクセス