新潟直送計画からのお知らせ

2022年度夏季連休期間の営業スケジュールについて

「村上の食材を使った商品の開発」に取り組む食品加工品店。寿司職人時代に培った技術をもとに、本格的な「昆布締め」や「玉子焼き」を一般家庭に届ける。

ふるさと新潟 源 代表・花井さんと調理担当・加藤さん

「料理を通じて村上の食材を発信する」がコンセプトのお店

「ふるさと新潟 源」は、村上市にある食品加工品店。元々、同じ寿司店で働いていた花井さんと加藤さんが、2021年に創業した。お店のコンセプトは「料理を通じ、村上の食材や生産者をPRする」こと。そのため、可能な限り、村上の食材や調味料にこだわっている。例えば、看板商品の一つ「昆布締め」の加工で使用する塩は、村上の景勝地「笹川流れ」で生産されている塩。昆布を戻すときに使う清酒は、村上の銘酒「〆張鶴」を用いている。「実際に自分たちで商品を作る中で、初めて知る地元の食材や調味料を発見できました」と語るのは、調理全般を担当する加藤さん。今後の目標は、本職であるお寿司を冷凍で届けられるようにすること。「お店の味を、気軽に家庭で食べられるように、試行錯誤していきたい」と、花井さん・加藤さん双方ともに語ってくれた。

優しい甘味、ふんわり食感で人気の「玉子焼き」

「ふるさと新潟 源」のもう一つの看板商品、玉子焼き。寿司店時代に、花井さん・加藤さんともによく作っていた料理なのだとか。もちろん、お店のコンセプトにのっとり、村上産の素材にとことんこだわっている。まずは、「卵」。ふるさと新潟 源では、山北産の平飼い卵を使用している。「地元のものという理由はもちろん、クセがなく、ダシが入りやすい」と、選んだ理由を加藤さんは話す。次に、「ダシ」。ダシには、何種類かの調味料を配合している。無添加にこだわっており、特に「塩」は笹川流れの塩、「醤油」は村上市内の醸造所で作られた醤油を採用。これらのこだわり抜いた素材と、10年以上培った技術によって生み出された玉子焼きは、優しい甘さ、ふんわり食感に。もちろん、見た目も美しい仕上がりだ。実際に、地元の道の駅で販売したところ、大人気。直接電話で問い合わせが来るほど好評だ。

  • ふるさと新潟 源
  • ふるさと新潟 源
  • ふるさと新潟 源
  • ふるさと新潟 源

生産者紹介

代表:花井裕美子
代表花井裕美子

東京都墨田区出身。中学生の時に、村上市へ。高校卒業後は、医療事務として市内の医療機関へ勤める。結婚後は、専業主婦へ。子育てなどが落ち着いた後、パートとして働き始めた回転寿司店で、当時店長だった加藤さんと出会う。ここで、調理師免許を取得。回転寿司店が閉店後は、別の飲食店で勤めた後、再び寿司店へ。そこで再開した加藤さんと意気投合し、2021年に「ふるさと新潟 源」を創業した。現在は代表として、取引先や市場へ赴き、仕入れ状況などを調整している。「自分で事業を立ち上げてみて、今まで以上にやりがいを感じています。お客さんからの美味しいの言葉が一番の励みですね」と語る、花井さん。今後は、冷凍のお寿司を作っていきたいのだそうだ。「これが出来たら、一般の方だけでなく介護福祉施設へ提供したい。一人でも多くの人に、美味しいお寿司を食べてほしい」と、お寿司への想いをにじませる。

店舗詳細

店舗名称 ふるさと新潟 源
住所 新潟県村上市堀片4-13